TOP > オートレース予想 > 11/21=山陽G2(2日目)展望予想

オートレース予想

一覧へ戻る

オートレース予想

2019/11/21

Koichi Yahagi

11/21=山陽G2(2日目)展望予想

11/21=山陽G2(2日目)展望予想

2019年11月21日
G2第3回山陽王座防衛戦(2日目)朝陽カントリークラブ presents 小林啓二杯

さすがにグレードレースだけあって、どの選手もなかなかの状態にエンジンを仕上げてきている印象を受けた。
オートレースはハンデ戦がほとんどなので、実力者であればあるほど、追い上げるためのエンジンの仕上げが重要となる。
2日目も先を見据えた仕上げをしてきている選手。
そして、地元選手の奮起を狙って予想していきたい。

【9R=予選】
昨日のレースを観る限り、昨7Rで強い勝ち方をした5・金山周平と、昨12 Rで2着と奮闘した8・岩崎亮一の首位争いとみた。
5・金山周平は内側がスタートの遅い4・福永貴史だけに先にいけて、0mハンデ陣を早目に叩けそう。
また、8・岩崎亮一もスタートには定評があるので、速攻を決めやすく、この2人の連絡みに死角はなさそうだ。
3着には前残りよりも機力の良い6・井村淳一、イン攻め鋭い7・五十嵐一夫の追い上げを指名したい。
(買い目)
58→58→67

【10R=予選】
調子は今一つながらも、スタートには定評あり、捌きも一枚上の8・佐藤貴也。
メンバー軽化の今日ならば間違いなく軸となるだろう。
相手は機力もあり、昨日のレースでも1着だった3・山崎進が筆頭となる。
逆転も考えられるのではないだろうか。
また、調子の良さそうな4・大月渉、このメンバーならば追い上げ可能な7・高橋義弘も連下で一考。
(買い目)
38→38→47
8→47→3

【11R=予選】
昨日、後半の追い上げに凄味のあった8・佐々木啓。
近走の抜群の調子を考えると、ここは頭勝負だろう。
昨日のスタートは今一つだったが、他車のフライングによりやり直しにならなければ1回目のスタートはとても良かった。
相手は試走よりも本走の方が良い5・田中進。
また、イン攻め鋭い6・穴見和正。
この2人に絞りたい。
0mハンデで、逃げが得意の2・別府末彦はあっても3着までか。
前半は頑張るだろうが、最終的には後続に捕まるのではないかと思う。
(買い目)
8→67→267

【12R=予選】
昨12Rのドリーム戦。
0mオープン戦の大外からでも2番手の好スタートを見せ、勝ち切った8・青山周平が今日のハンデ戦でも強さを発揮するとみた。
相手には10m前から得意の速攻を決められそうな5・辻大樹 。
また、機力も出ていて、最重ハンデ最内ならば大きくは遅れる心配はない6・岩科鮮太。
連下の穴は2・矢野正剛だろう。
すぐ外側の3・山下知秀を抑えたスタートが切れたら逃げて面白そう。
(買い目)
8→56→56
穴・2

【略歴】

矢作公一(やはぎ・こういち)

矢作公一(やはぎ・こういち)

1966年12月29日生 埼玉県出身
立教高—立教大—日本ハム(89~92年)
高校・大学時代は1学年上の長嶋一茂(ヤクルトー読売)
と共にクリーンアップを任される
東京六大学リーグ通算17本塁打は歴代7位
ドラフト6位指名で日本ハムに入団
川口生まれで、少年野球に励んでいた頃は
川口オートレース場のエンジン音がBGMだった
オートレースの大ファンである
現在は野球塾、少年野球、高校野球の指導者として活躍
教え子には上林誠知(ソフトバンク)がいる

ページの先頭へ

メニューを開く