TOP > オート予想 > 11/23=浜松G1(最終日)展望予想

オート予想

一覧へ戻る

オート予想

2020/11/23

Koichi Yahagi

11/23=浜松G1(最終日)展望予想

11/23=浜松G1(最終日)展望予想

2020年11月23日
浜松(最終日)サンケイスポーツ杯 G1秋のスピード王決定戦

☆前日の的中☆
【浜松G1・4日目10R=準決勝戦】3連単7-8-1=8,720円

***************

準決勝前の8R試走後に降り始めた雨によって、準決勝戦は湿走路の戦いとなった。
しかし最終日は良走路になりそうだ。
それがどのような展開となるのか?
優勝戦を含めた最終日をシッカリ予想したい。

【9R=特別一般戦A】
10mハンデからトップスタートの期待できる6・佐藤摩弥。
外側の7・佐藤貴也、8・早川清太郎の実力者2人が今節は不調気味なので、スタートから快速を発揮、軸になるとみた。
相手筆頭には0mハンデの2・藤波直也。
6・佐藤摩弥の速攻にやられても、粘って食いついていくとみている。
3着は手広く流して勝負したい。
(買い目)
6→2→全

【10R=選抜戦】
2・山浦博幸の逃げを追えるのは6・篠原睦と7・浦田信輔の2人だけとみている。
準決勝戦で湿走路に泣いた3人の争い。
ここは3人の3連単BOX車券で勝負したい。
8・森且行はSGを取ってハンデ位置が厳しくなったので、ここは外しておきたい。
3着には5・山田達也の後半での追い上げを少々、加えたい。
(買い目)
3連単BOX=267
267→267→5

【11R=特別選抜戦】
0mハンデから逃げる1・藤川幸宏。
ハンデ位置は厳しくなったが、3日目の良走路で鈴木圭一郎に勝った足は評価したい。
ここは3・浅田真吾のスタートを抑えて逃げまくる。
追うのは地元・浜松の2人。
スタート巧者5・青島正樹と実力者の8・伊藤信夫。
ここもこの3人の3連単BOX車券で勝負したい。
(買い目)
3連単BOX=158

【12R=優勝戦】
G1レースの優勝戦なので、距離も8周戦に伸びる。
ならばここは8・鈴木圭一郎が決めてくるはず。
11月16日に同じオートレーサーの吉川麻季選手と結婚を発表。
公私共に順風満帆(じゅんぷうまんぱん)といきたいところだ。
連下候補は3人。
2・平塚雅樹の逃げ粘りも怖いが、実力上位の3人、5・高橋貢、6・金子大輔、7・荒尾聡を指名したい。
連下の穴は4・久門徹だ。
レース巧者で隙を突いてくる可能性がある。
(買い目)
8→567→567
穴・4

【略歴】

矢作公一(やはぎ・こういち)

矢作公一(やはぎ・こういち)

1966年12月29日生 埼玉県出身
立教高—立教大—日本ハム(89~92年)
高校・大学時代は1学年上の長嶋一茂(ヤクルトー読売)
と共にクリーンアップを任される
東京六大学リーグ通算17本塁打は歴代7位
ドラフト6位指名で日本ハムに入団
川口生まれで、少年野球に励んでいた頃は
川口オートレース場のエンジン音がBGMだった
オートレースの大ファンである
現在は野球塾、少年野球、高校野球の指導者として活躍
教え子には上林誠知(ソフトバンク)がいる

ページの先頭へ

メニューを開く