TOP > オートレース > 川口G1(最終日)レポート

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2018/07/30

Perfecta編集部

川口G1(最終日)レポート

川口G1(最終日)レポート

2018年7月30日
第42回 日刊スポーツ キューポラ杯(最終日)

【12R=優勝戦】
1/中山光(A-46・川口32期)
2/佐藤摩弥(A-9・川口31期)
3/鈴木宏和(A-36・浜松32期)
4/高橋義弘(A-6・川口29期)
5/池田政和(S-22・川口23期)
6/松尾啓史(S-23・山陽26期)
7/永井大介(S-3・川口25期)
8/鈴木圭一郎(S-1・浜松32期)


キューポラ杯連覇の懸かる永井


現在のオート界最速・鈴木

戦前からこの2人に人気は集中した。

優勝戦は8周回。

レース序盤は好スタートを決めた佐藤が主導権を握る。

だが、周回を重ねる毎に永井と鈴木がペースアップ。
そして、6周回目の第1コーナーで永井と鈴木が佐藤を飲み込んだ。

12

無料メルマガ登録

ページの先頭へ

メニューを開く