TOP > オートレース > 『森泉宏一の実況天国』Vol.8

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2019/03/17

Koichi Moriizumi

『森泉宏一の実況天国』Vol.8

『森泉宏一の実況天国』Vol.8

今年2019年も既に6分の1が終わり、早くも3月半ば。
気温も上がり、春の陽気が近付いていますね。

このコラムを書く前に、とあるお寺に寄りました。
元々、そのお寺に用はなかったのですが、寺内でキレイに咲く花を目にして、車をUターンさせ、お寺へ足を運ぶことにしました。

花を見て、心が穏やかになった反面……気付けば春を感じる季節になり、今年になって自分はまだ何一つ成し遂げていない現実に落ち込んだりしました(苦笑)。

さて、今月初めに伊勢崎オートで行われました『第40回デイリースポーツ杯』ですが、この開催は鈴木圭一郎選手(浜松32期)のスーパーハンデが最大の関心事となったシリーズ。
その鈴木選手は難なく勝ち上がり、シッカリと優勝戦進出。
しかし、最終日に行われた優勝戦は大波乱!
鈴木選手がレース序盤で落車するアクシデント!!
レースは早い段階で混戦の様相に。
そのような中、地元選手の2人がレースを引っ張ります。
逃げる生方将人選手(伊勢崎27期)と、追う吉田恵輔選手(伊勢崎29期)でした。
共に、デビュー初優勝を懸けた争い!
レースは完全に2人の世界に。
終盤、吉田選手が必死に追う展開も、生方選手が凌ぎ、そのまま逃げ切り!!

見事にデビュー初優勝を飾りました。
しかも完全優勝という快挙!!
2001年のデビューから約18年、記念すべき日となりました。
前日の準決勝戦で自身初の3連勝を達成し、その勢いで頂点まで登り詰めたのです。

レース後のロッカーで、生方選手の姿を発見!!
ホッと、されている様子が印象的でした。
インタビューも含め、涙は確認できず。
もしかするとレース場を後にし、徐々に実感が湧いてきて……ということもあったのかも知れません。

この節は3日目の準決勝戦までが実況担当。
優勝戦は担当ではありませんでしたが、こういった選手にとっての“一生に一度”という瞬間に立ち会えるのは、実況アナウンサーとして嬉しいことの一つであります。
デビュー戦、初勝利、初優勝、初の記念タイトルなど、選手にとって1回限りの出来事。
その時を担当する実況も特別な思いはあります。
記念レースの優勝戦並みの緊張感で、レース実況に臨んでいるのです。

12

ページの先頭へ

メニューを開く