TOP > オートレース > 『森泉宏一の実況天国』Vol.10

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2019/04/10

Koichi Moriizumi

『森泉宏一の実況天国』Vol.10

『森泉宏一の実況天国』Vol.10

既に発表させていただきましたけれども。
早川選手が優勝したレースを以って、私は伊勢崎オートのレース実況から一旦、離れることになりました。
SNSなどでも、みなさんから数多くの温かいお言葉を頂戴しました。
そこでもお伝えしましたが、あくまでも“一旦、離れる”ということです。
決して「さよなら」ではありません、「またね」なのです。

伊勢崎オートの放送スタジオは本当に居心地が良く、スタッフのみなさんは出演陣の我々がいつも仕事をしやすいように考えて下さっています。
“実況から一旦、離れる”ということも寂しいのですが、それ以上にそんな心優しい番組スタッフのみなさんとお別れする方が胸の詰まる気持ちになります。

ただ、これも既にお伝えしましたが、決してオートレースから完全に離れるという訳ではなく、今後も関わっていく予定です。
はい、今までとは違う角度からオートレースに関わります。
そういった場所でもさらにオートレースを学び、また、いつか伊勢崎オートの実況席に戻れるよう精進していくつもりです。

さて、オートレースには今後も関わらせていただくと、お伝えしましたが。
早速、4月末に浜松オートへ足を運びますっ!!笑

4月27日から開催されるSG第38回オールスターオートレース。
こちらの3日目と4日目、場内イベントや優勝戦進出選手インタビューなどでお邪魔させていただくのです。
5月にはサテライトの方にも伺わせていただく予定です。
今までとは違う形にはなりますが、オートレースに携わらせていただけること。
そして、今後もオートレースファミリーのみなさんにお会いできることを大変嬉しく思っておりますので、これからも宜しくお願い致しますっ!!

最後に、このコラムのタイトル「実況天国」ですが。
3月某日、都内某所にて
「実況から一旦、離れることになりますけれども、連載コラムはどうしましょうか?」
と、Perfecta Navi編集長と密会&密談!?
「取り急ぎ、このまま継続で。『実況天国』って、タイトルもコラムもせっかく浸透してきたことですし」
という結論に至り、連載もタイトルも続投することになりました(笑)。
それもあって……という訳ではないですが。
次回コラムから『公営競技実況を始めたキッカケ』をシリーズ化、更新していこうと思います。
「喋りの仕事は目指していたけれども、実況は絶対に無理っ!」
だと思っていた男がどのようなキッカケで、公営競技のレース実況を始めたのか?
その他に実況関連で計画しているのは……私以外の実況アナウンサーへのインタビュー。
これについてはかなりの不定期連載になると思いますが、実現できるよう頑張ってみますっ!!

【略歴】


森泉宏一(もりいずみ・こういち)
1984年5月8日生まれ
東京都出身 広島県・富山県育ち

父親の影響もあり、学生時代は野球に打ち込む
25歳の時、ボートレースで公営競技実況デビュー
2017年4月から伊勢崎オートでオートレース実況を始める
公営競技実況の他、プロアマの野球実況
さらにはイベントや展示会の司会
広告モデルや話し方教室講師などでも活動
野球好きの選手からの誘いもあり、
伊勢崎オートの野球チーム「キラッツ」に入部
しかし、デビュー戦において投手で二桁失点を喫する
その為に最近、オートレース界隈でその実力が疑われている
某選手からの「投げるスタミナがあるだけで助かっている」
という慰めの言葉が唯一の救い

12

ページの先頭へ

メニューを開く