TOP > オートレース > 飯塚SG(4日目)ピックアップ

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2019/11/03

Perfecta編集部

飯塚SG(4日目)ピックアップ

飯塚SG(4日目)ピックアップ

2019年11月3日
飯塚SG(4日目)第51回日本選手権オートレース

【9R=準決勝】*0mオープン/良走路4100m


1着/永井大介(川口25期/S9)セプテンバー
競走タイム:3.371
スタートこそ鈴木宏和に叩かれてしまったものの「昨日のように引きすぎてはダメ。何とか巧くいった」と、3番手から巻き返して、今節3勝目を決めた。「試走の手応えも悪くない。微調整で」。過去4度制している日本選手権で、まだ確定させていないSSトライアル出場を決めるか。


2着/丹村飛竜(山陽29期/S23)ヒシャカク
競走タイム:3.393
「スタートは自分なりには行けた」が、内枠にスタート巧者が揃っていただけに5番手から。1車ずつ捌いて、最後の最後で、前をいく鈴木宏和を捕らえて2着に浮上した。「最後は勝負だと思って、強引にいきましたけど、巧く回っていけました」。日本選手権は昨年に続いて今年も優勝戦8枠だが、悲願のSG初制覇を目指す。

***************

【10R=準決勝】*0mオープン/良走路4100m


1着/佐々木啓(山陽23期/S26)レノファ
競走タイム:3.383
「スタートが良かった。変わらず伸びます」と、試走28はメンバー中で一番時計。序盤で佐藤貴也の落妨もあったが、8枠から好位置をキープ。1着入線の中村雅人が反妨で繰り上がっての1着で、久しぶりのSG優出を決めた。SSトライアル出場のためにはSG初優勝、または上位着が絶対条件の勝負駆けだ。


2着/浦田信輔(飯塚23期/S16)パンジャA 
競走タイム:3.388
「今、切らないと、いつ切るんだというくらい集中しました」と、1枠からスタートを決めて逃げ展開に持ち込んだ。「ここを走っていたら抜かれないところを走ったが、(中村に)抜かれましたね」(中村雅人は反妨)。後退を余儀なくされたが、執念で立て直して、地元SG優出シートを手にした。優勝戦も大歓声が後押しする。

123

ページの先頭へ

メニューを開く