TOP > オートレース > 飯塚SG(最終日)レポート

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2019/11/04

Perfecta編集部

飯塚SG(最終日)レポート

飯塚SG(最終日)レポート

2019年11月4日
飯塚SG(最終日)第51回日本選手権オートレース

【12R=SG日本選手権オートレース優勝戦出場メンバー】
0mオープン5,100m

1/青山周平(伊勢崎31期)ハルク・73/試走3.29
2/永井大介(川口25期)セプテンバー/試走3.31
3/荒尾聡(飯塚27期)デフジャムAK/試走3.34
4/鈴木圭一郎(浜松32期)カルマS5K/試走3.29
5/佐々木啓(山陽23期)レノファ/試走3.30
6/金子大輔(浜松29期)Jジョーンズ/試走3.31
7/浦田信輔(飯塚23期)パンジャA/試走3.30
8/丹村飛竜(山陽29期)ヒシャカク/試走3.30

オール0mオープンで行われるSG日本選手権オートレース。
ハンデなしだからこそスピード、さばき、スタート力。
そして、枠番の運まで全ての実力が問われることになる。
飯塚での日本選手権は5年ぶりの開催となり、トップレーサー96名による5日間の極限バトルが繰り広げられた。
4日目の準決勝は2レースで落車が起こる大激戦。
9Rから順に、永井大介(川口25期)、佐々木啓(山陽23期)、青山周平(伊勢崎31期)、鈴木圭一郎(浜松32期)が1着で勝ち上がった。
日本選手権連覇の期待が懸かる青山。
そして、4連勝で完全Vに王手を懸けた鈴木の両者が今節もシリーズを引っ張った。
また、同時に年末のスーパースター王座決定戦トライアルへの出場権争いも今開催で決着。
ポイント的にギリギリだった永井、一発逆転での出場権獲得を目指す佐々木と金子大輔(浜松29期)の争いにも注目が集まった。

優勝戦は良走路、試走で共に3.29のトップタイムを叩き出した1・青山と4・鈴木が人気を二分した。

レースは1・青山がスタートタイミング0.06で飛び出して先行。早くも逃げ態勢に持ち込んでいく。
2番手は2・永井、3番手に5・佐々木が続き、4・鈴木は4番手につける。
1・青山の逃げで、後続は膠着(こうちゃく)状態となり、4・鈴木も仕掛け切れないまま。

7周回目に5・佐々木が2・永井のインに飛び込んで2番手に浮上。

さらに5・佐々木は車速を活かして1・青山との差を縮めていくが、コースを譲らずに1・青山が逃げ切り優勝。
2着に5・佐々木、3着は最終周回で2・永井を捕らえた4・鈴木が入線した。

12

ページの先頭へ

メニューを開く