TOP > オートレース > 山陽G2(4日目)ピックアップ

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2019/11/23

Perfecta編集部

山陽G2(4日目)ピックアップ

山陽G2(4日目)ピックアップ

2019年11月23日
G2第3回山陽王座防衛戦(4日目)朝陽カントリークラブ presents 小林啓二杯

【9R=準決勝(良走路)3,100m】


1着/緒方浩一(山陽30期/A8)グレート・ムタ
競走タイム:3.379
10mハンデの最内から好スタートを決めて、0mハンデの2車を早々に突破。
「1番(山本将之)がスタートで浮かせていたのでね。自分も少し浮きましたが、切れは良いです。展開も向きましたね」
セーフティーリードを保ちながら、そのまま6周回を逃げ切って、優出一番乗り。
「天候が変わって、大幅に整備したら良い方向に行きました」
グレード戦優出は2017年10月の当場G1スピード王以来、約2年ぶり。
優勝戦は雨予報だが、晴雨どちらでも持ち前のスピードを発揮したい。


2着/岩崎亮一(山陽25期/S43)FGビゼン
競走タイム:3.402
スタートで3番手につけ、3周回目に2番手に浮上。
猛追してきた金子大輔との2着争いを制した。
「まさか残れると思っていなかったので、良かったです」
これで3年連続の小林啓二杯優出を決めた。
「タイヤは昨日と一緒でしたが、メチャクチャ跳ねましたね。後ろだけ気にして走りました」
過去2回は共に5着。
「地元で優勝を目指したいです」
優勝ならば5年ぶりのグレード戦制覇となる。

1234

ページの先頭へ

メニューを開く