TOP > オートレース > 山陽G2(最終日)レポート

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2019/11/25

Perfecta編集部

山陽G2(最終日)レポート

山陽G2(最終日)レポート

2019年11月24日
G2第3回山陽王座防衛戦(最終日)朝陽カントリークラブ presents 小林啓二杯

【12R=G2小林啓二杯優勝戦出場メンバー】
8周回 4,100m(斑走路)

1/浜野淳(山陽24期)アモン/ハンデ0m/試走3.47
2/長田恭徳(山陽32期)オフホワイト/ハンデ10m/試走3.52
3/緒方浩一(山陽30期)グレート・ムタ/ハンデ10m/試走3.46
4/岩崎亮一(山陽25期)FGビゼン/ハンデ10m/試走3.50
5/渡邉篤(浜松31期)ナナロク2/ハンデ10m/試走3.48
6/山田達也(川口28期)イプシロン/ハンデ10m/試走3.46
7/丹村飛竜(山陽29期)ヒシャカク/ハンデ10m/試走3.48
8/青山周平(伊勢崎31期)ハルク・73/ハンデ10m/試走3.45

最終日は朝から雨が降り、1レースから湿走路のコンディションでスタート。
その雨は昼過ぎに止み、時折、日差しが降り注ぐまでに天候が回復していった。
走路状況も11レースからブチ走路に変化。
優勝戦もブチ走路での決戦となった。

試走一番時計を叩き出した8・青山周平が一番人気に支持され、単独0mハンデの1・浜野淳、さらに得意走路となった3・緒方浩一、7・丹村飛竜が対抗として推されていた。

レースは緒方が抜群のスタートを決め、0mハンデの浜野をもかわして、一気に逃げ展開に持ち込んでいく。
2番手に浜野が続くも、快調に飛ばす緒方との差は広がるばかり。

そのまま緒方が8周回を逃げ切って、2013年以来となるグレード戦優勝のゴール、G2小林啓二杯の初制覇を決める。
2着には緒方にスタートで捕えられたものの立て直した浜野、最終周回で渡邉篤をさばいた青山周平が3着に入線した。

12

ページの先頭へ

メニューを開く