TOP > オートレース > 川口G1(最終日)レポート

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2019/12/08

Perfecta編集部

川口G1(最終日)レポート

川口G1(最終日)レポート

2019年12月8日
サンケイスポーツ杯 川口G1開設記念グランプリレース(最終日)

【12R=G1開設68周年記念グランプリレース優勝戦出場メンバー】
0mオープン 4,100m(良走路)

1/加賀谷建明(川口27期)ビッグボス/試走3.30
2/若井友和(川口25期)モエルトウコン/試走3.28
3/大木光(川口28期)ウミヘビ/試走3.36
4/山際真介(川口26期)ズラタン/試走3.31
5/中村雅人(川口28期)Kモンソン/試走3.29
6/久門徹(飯塚26期)ロロノア・ゾロ/試走3.30
7/佐々木啓(山陽23期)レノファ/試走3.27
8/永井大介(川口25期)セプテンバー/試走3.29

4日目の準決勝は湿走路での争いとなり、最終レースでは青山周平が優出を逃す波乱が起こった。
一方で地元・川口勢が湿走路も味方につけて6名と大挙優出。
特に永井大介はここを勝てば通算100V達成となるだけに注目を集めた。

最終日は昨日の雨もスッカリ上がって、澄み切った晴れ空の中、白熱のレースが展開された。
優勝戦も良走路、試走では3.27を叩き出した7・佐々木啓がトップタイム。
2・若井友和も3.28、さらに5・中村雅人と8・永井大介が3・29で続いた。
オッズは中村と永井の折り返しが人気に推された。

レースは1・加賀谷がインからのスタートを決めると、1周1コーナーでは突っ張り切って逃げ態勢に入っていく。
6・久門、8・永井、2・若井が続いて前団を形成する。

1・加賀谷が快速ぶりを発揮して、グングンと飛ばし、徐々に6・久門との差を広げていく。
2周回1コーナーで2・若井が8・永井の内を突いて3番手に浮上する。

12

ページの先頭へ

メニューを開く