TOP > オートレース > 川口SG(1日目)ピックアップ

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2019/12/27

Perfecta編集部

川口SG(1日目)ピックアップ

川口SG(1日目)ピックアップ

2019年12月27日
スーパースターフェスタ2019(1日目)
〜SG第34回スーパースター王座決定戦〜
〜スーパースターシリーズ戦 平尾昌晃杯〜

【10R=スーパースターガールズ王座決定戦出場メンバー】
*6周回 3,100m(良走路)

1/交川陽子(浜松33期)ハンデ0m/試走3.46
2/高橋絵莉子(伊勢崎33期)ハンデ10m/試走3.41
3/田崎萌(伊勢崎33期)ハンデ10m/試走3.43
4/金田悠伽(浜松33期)ハンデ10m/試走3.47(再)
5/吉川麻季(飯塚33期)ハンデ20m/試走3.43
6/片野利沙(川口32期)ハンデ20m/試走3.40
7/藤本梨恵(伊勢崎32期)ハンデ20m/試走3.35
8/岡谷美由紀(浜松32期)ハンデ20m/試走3.39

初代女王の座を巡る大注目の一戦。
試走一番時計の7・藤本と試走3番時計で地元の6・片野利沙の折り返しが人気に推されていた。

スタートは1・交川が残し、10線はコーナーに入る前に4・金田が外に大きく膨らんでしまう。
20線からは抜群のスタートを決めた6・片野が5・吉川を叩いて、最初のコーナーで早くも4番手。
さらに3・田崎を捲って3番手まで浮上する。

2周回目に2・高橋が1・交川を抜くと、6・片野も続いて2番手に。
3番手には機力を活かして7・藤本が上がってくる。

3周回3コーナーで6・片野が2・高橋をかわして先頭に躍り出る。
7・藤本も差を詰めて、2番手浮上を狙うが、2・高橋も粘る。

2着争いを尻目に、6・片野が完全に抜け出して、初代女王の座を射止めるチェッカーフラッグ。
2着争いは2・高橋が粘り切り、7・藤本の追い上げは3着まで。

1着/片野利沙(川口32期)競走タイム3.452
凄く嬉しいです!
勝てて安心しました。
(ウイニングランも)凄く気持ち良い気分で1周回れました。
試走はちょっと前に詰まってしまう形だったんですけど、感じは凄く良かったです。
だから、まずはスタートをシッカリ決めて、展開を作れれば良いなと、思っていました。
スタートをシッカリ切れて、早めに捌いていけたのが良かったですね。
後ろから音が聞こえてきましたが、誰かも分からず、必死に走りました。
久しぶりの1着(10月8日の川口最終日以来)ですし、本当に良かったです。
今日、勝てたのはお世話になっている先輩方。
今日エンジンを一杯かけていただいた佐藤摩弥さんのおかげ、感謝を伝えたいです。
摩弥さんがSS王座を走っているので、川口からは私だけなので頑張りました。
明日からもシッカリ1着を獲れるように、逃げる展開になると思うので、頑張ります。
これからドンドン女子も増えてきて、熱いレースになっていくと思います。
その分、厳しくなってくるとは思いますが、それに負けないように頑張っていきたいと思います。

12

ページの先頭へ

メニューを開く