TOP > オートレース > 川口SG(最終日)レポート

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2019/12/31

Perfecta編集部

川口SG(最終日)レポート

川口SG(最終日)レポート

2019年12月31日
スーパースターフェスタ2019(最終日)
〜SG第34回スーパースター王座決定戦〜
〜スーパースターシリーズ戦 平尾昌晃杯〜

【12R=スーパースター王座決定戦出場メンバー】
*10周回 5,100m 0mオープン戦(良走路)
1/青山周平(伊勢崎31期)/試走3.31
2/永井大介(川口25期)/試走3.28
3/高橋貢(伊勢崎22期)/試走3.27
4/佐藤貴也(浜松29期)/試走3.27
5/鈴木圭一郎(浜松32期)/試走3.27
6/早川清太郎(伊勢崎29期)/試走3.27
7/佐藤摩弥(川口31期)/試走3.31
8/荒尾聡(飯塚27期)/試走3.31

試走タイム3.27で4選手が並んだSS王座決定戦。
中でも枠番選択で5枠を選択した5・鈴木が一番人気に推される。
また、連覇を狙う2・永井、トップスタート宣言の4・佐藤貴、インを選択した1・青山ら強力メンバーが人気で続いた。

スタートは1・青山がインから決めて先手を握る。
7・佐藤摩が外から一気に飛び出して2番手につけ、3番手で2・永井が追っていく。
人気を集めた5・鈴木はまさかの最後方に置かれる。

2周回3コーナーで2・永井が7・佐藤摩の内を突いて、2番手に浮上。
先行態勢の1・青山を追う。

4周回目で6・早川は3・高橋、7・佐藤摩をインから捌いて3番手まで上がってくる。
2・永井は1・青山に迫るものの、交わすまでには至らず。
逆に7周回4コーナーで6・早川が2・永井を捕えて2番手に浮上。

残り2周から1・青山と6・早川のデッドヒートが繰り広げられる。

だが、6・早川の攻めを凌ぎ切った1・青山が10周回を逃げ切って優勝のチェッカー。
2着に6・早川、3着に2・永井が入着した。

123

ページの先頭へ

メニューを開く