TOP > オートレース > 伊勢崎G1(4日目)ピックアップ

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2020/01/12

Perfecta編集部

伊勢崎G1(4日目)ピックアップ

伊勢崎G1(4日目)ピックアップ

2020年1月12日
伊勢崎G1(4日目)開場43周年記念シルクカップ

【9R=準決勝戦】
*6周回 3,100m(良走路)

試走3.25と抜群のタイムを弾き出したのは6・池田政和。
地元の8・高橋貢が試走3.26で続いて、数々の名勝負を演じてきた“IT”が人気に推された。
スタートを決めたのは6・池田で、1周回目で早くも先頭に躍り出る。
8・高橋もスタートを決めて、早々に2番手に上がり、序盤から人気両者のマッチレースの様相に。
機力十分の6・池田は快速ペースを保ったまま3.341の好タイムで1着。
2着に8・高橋、3着は7・金子で入着した。


1着/池田政和(川口23期)競走タイム3.341
競走車名:マンティス ランク:S18
今節の成績:1着・1着・3着・1着
準決勝は「素晴らしいですね」と、自画自賛する好タイムで今節3勝目をマーク。
前節の川口でも優勝しており、引き続き、好調キープしている。
「ブレーキの甘いところを直して、タイヤを新しいのを探したいと思います」
2013年の川口G1開設記念グレンプリレース以来となるG1優勝なるか。


2着/高橋貢(伊勢崎22期)競走タイム3.350
競走車名:ウルフM ランク:S7
今節の成績:4着・2着・3着・2着
「シリンダーとピストンを換えて、フレームも点検。昨日よりは良くなった」と、マシンを評価。
前をいく池田が「速かったです」
そのように振り返るが、高橋の上がりも3.350。
「エンジンでカバーできるように。今日以上のレースをしたい」と、静かに闘志を燃やす。
シルクカップは過去7度、制覇している。

***************

【10R=準決勝戦】
*6周回 3,100m(良走路)

今節負けなしの3連勝で準決勝進出した8・早川清太郎。
試走も3.27と一番時計タイを出したことで人気は集中した。
対抗は同じく3.27を出した5・渡辺篤。
レース直前からポツリポツリと、雨が降り出した。
スタートはセンター枠から4・西原智昭が飛び出す。
5・渡辺もスタートを決めて2番手につけ、8・早川は後手を踏み、初周は7番手からの追い上げ。
2周回目のホームストレッチで5・渡辺が4・西原を捕えて先頭に立つ。
8・早川も周回ごとにポジションを上げて、3周回目には7・荒尾聡をかわして2番手に浮上するが、抜け出した5・渡辺には届かず。
1着は5・渡辺、2着に早川、3着は西原で入着。


1着/渡辺篤(浜松31期)競走タイム3.363
競走車名:ナナロク2 ランク:S28
今節の成績:3着・1着・5着・1着
伊勢崎には苦手意識があった。
しかしながら「車の状態とタイヤが良かった」ことが全てを後押し。
「朝練でも切れていたので、スタートに集中した」
そう語るように、好スタートから展開を作って、押し切った。
初の記念優勝の期待も高まるが、「まだ足りないので、セッティングとタイヤをやっていく」と。


2着/早川清太郎(伊勢崎29期)競走タイム3.367
競走車名:シナモン ランク:S8
今節の成績:1着・1着・1着・2着
審議対象となるも結果はセーフ(競走戒告)となった。
初日から3連勝だったが、準決勝戦の展開には「スタートが切れず、厳しいレースになってしまった」と、険しい表情も見せた。
優勝戦に向けては、9Rの競走タイムを見て
「スピードに対応するために、エンジン作りをします」。
地元戦は無類の強さを誇り、シルクカップも過去2度、制覇の実績を誇る。
「今年も精一杯、頑張ります!」

12

ページの先頭へ

メニューを開く