TOP > オートレース > 『森泉宏一の実況天国』Vol.26

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2020/01/31

Koichi Moriizumi

『森泉宏一の実況天国』Vol.26

『森泉宏一の実況天国』Vol.26

2020年が始まり、早いもので1ヶ月。
各公営競技では実況アナウンサーが
「2020年の初1着」
「今年の初笑い」
などと、伝えるシーンが目立っており、それらのフレーズで年が明けたことを実感する日々です。

私はチャリロト劇場『燃えろ!!オートレース』が顔出しとしては今年の仕事始め。
前回のコラムでは、年頭所感として
「ホームラン(万車券)を打ちたい」
「打率(的中率)だけでなく配当の高いものを当て、魅力ある打者に」
という目標を打ち立て、シーズンがスタート。
今回の放送は1月13日から19日までの1週間、16日を除いた全日程で生放送を敢行。
18日に至っては朝から浜松のデイレースを放送し、その後の夜は山陽のミッドナイトレースも放送するダブルヘッダーでした。
昨今、プロ野球でもダブルヘッダーを実施しなくなったのに。
敢えてこのスタイルに挑戦する出演陣!!
(*ちなみにプロ野球では1999年以降ダブルヘッダーは開催されていません)

初日は伊勢崎G1シルクカップの最終日を放送。
この日は波乱続出という難しい状況の中、チームチャリロトは……ありささんの1安打のみに終わりました。
翌日は飯塚の初日。
私はシーズン初安打(プライベートを通じても今年の初当たり)を記録。
しかし、放送中、隣に座る“熟知王”うどんさんの様子がおかしい。
顔色が冴えず、明らかに口を開く回数が減っていました。
放送後、うどんさんは「クリニックに寄って帰ります」と、言い残し、我々はそれぞれの帰路へ。
なぜ「病院」ではなく、「クリニック」と、表現したのでしょうか…???

そして、その夜、うどんさんから連絡がありました。
「インフルエンザAでした」
なんと!うどんさんが新年早々、インフルエンザを発症する緊急事態です!
「ということは、当分の放送は、僕とありささんの2人体制か……」
そんなことを考えていたら、うどんさんから返信が!
「もーりーに車券購入を煽らせることができないのが、残念でなりません」
残念がるのはそこか!?

僕、ありささんは当然のことながら。
“監督”ことA主さんも2日間、何時間も同じ空間にいました。
しかも僕とありささんは……うどんさんの真横という至近距離での出演。
さらなる感染者の可能性が。。。

インフルエンザの恐怖に怯えながら、生放送3日目がスタート。
はい、A主さんの名言「うどんが伸びた」はこの日に生まれました。
飯塚2日目、湿走路で行われた1Rは岩元毅選手(飯塚19期)が勝利を収めます。
3連単は2万円を超える万車券決着。
やりました!!!!!
このレースの予想担当であった僕は3連単予想が見事的中!

いきなりの先頭打者ホームラン!
そして、これが番組出演以来、記念すべき初ホームランとなりました。
うどんさんの欠場後、最初のレースで、いきなり個人的目標の一つをサクッと、クリアすることに。
さらにこの日は3安打で自身初の猛打賞と、初モノ尽くしの1日になりました。

12

ページの先頭へ

メニューを開く