TOP > オートレース > 『森泉宏一の実況天国』Vol.26

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2020/01/31

Koichi Moriizumi

『森泉宏一の実況天国』Vol.26

『森泉宏一の実況天国』Vol.26

16日は放送がお休み。
翌17日もうどんさんは欠場。
えーっ、快方に向かってスタジオに来ようとはしていたそうですが。
いや、待てーいっ!インフルエンザだぞっ!!

この日もチームチャリロトは絶好調!
ありささんが3安打の猛打賞!
そして、僕はこれまた初となる1日4安打を記録!
これでありさんさんの打率は、3割8分9厘。
私は4割5分という驚異の数字をマーク。
うどんさんの体調不良から私の調子は明らかに上げ潮です(笑)。
番組のコメント欄にも
「うどん不在で、もーりーが生き生きしている」
「ノビノビ野球だ」
なんて書かれてしまう程。
完全に浮かれモードとなった森泉。
しかし、そんな僕には心配事が。
「明らかにここまでは出来過ぎの展開だ。この反動がどこかで来るのでは?そうだ、インフルエンザだ!」

しかし、そんな心配をよそにうどんさん不在の2日間。スタジオメンバーは誰一人として体調不良に陥ることなく週末へ。

18日は遂にダブルヘッダー!
当日の朝、監督から
「うどんさんはスタジオにやってくると、メールが届きました」
との報告を受けました。
しかし、いつからくるのか?
病み上がりでダブルヘッダー。
前日、うどんさんに電話出演をしていただいた際にも
「夜からでも良いのでは?」と、提案していました。

集合時間を15分以上過ぎても現れないので。
やはり、ミッドナイトからか……と、思っていた矢先、スタジオにうどんさんが登場!
元気そうな表情を見て、安心しました。
ここから3人での通常放送を再開。
うどんさんの復帰祝い。
また、週末のダブルヘッダーということもあり、コメント数も増え、賑やかな放送になりました。

しかし、うどんさんが復帰した後、なぜか僕の打率は急降下。
今までが高打率だったため、複数安打でないと、打率がドンドン下がってしまう。

「昨日までの勢いはどこへ……」
「変わったことと言えば、うどんさんの復帰……それ以外に考えられない」
原因を自分に求めず、うどんさんのせいにする始末で
「本当に治りましたか?明日の最終日、もう1度、休みませんか?」
「ちょっと体温計を買ってくる!」
という失礼極まりない態度を露呈(苦笑)。

うどんさんの復帰から明らかに勢いが落ちた森泉。
それでも、この1週間、何とか打率は高水準を保てました。

しかし、予想は当たっているものの、なぜかお金が増えていない!
これはもう“怪奇現象”の類でしょう。

「初ホームランの万車券があるだろう?」
と、お思いでしょうが、
あのホームランはうどんさんが不在の最初のレース。
初めての状況で喋る方に夢中になり、車券を買っていませんでした(苦笑)。
的中したのは微増の車券ばかり。
この生放送で企画した『1週間1万円生活』での車券購入資金も残金80円で終了。

様々なことが起きた、今回の生放送ウィーク。
連日の出演で、放送があることが日常となり、最終日終了後は達成感と同時に少し寂しい気持ちも込み上げてきました。

次回のチャリロト劇場『燃えろ!!オートレース』は2月8日からの3日間。
飯塚オートのG1開設記念レース(2日目~4日目)をお届けします。

そして、個人的には次回の放送、あるいはその前に二つ程の告知がございます。
放送内でのご案内が最初になるかは未定ですが、楽しみにしていただければ。
いずれもオートレース関連のイベントです。

最後になりますけれども。
今回の生放送ウィークでは初物づくしばかりでしたが、もう一つ初めての出来事がありました!
ありささんと2人体制での放送中、1人の女性がスタジオへ。
ニコ生『チャリチャン』でお馴染みの木三原さくらさんでした。
所用でスタジオにこられたとのこと。
もちろん、木三原さんは存じ上げていましたが、対面するのは初めて。
女優の綾瀬はるかさんに似ていらっしゃるという第一印象。
今回の写真には木三原さんからご提供いただいたものもございます。
この場をお借りして、御礼申し上げます。
先日はニコ生のコメントで、いきなり乱入して失礼致しました。
と、併せてお詫びも(笑)。

【オートレース/今後の記念レース日程】
・2/7~ G1開設記念レース(飯塚)
・2/22~ G2若獅子杯争奪戦(山陽)
・3/4~ G2レジェンドカップ(伊勢崎)
・3/18~ 特別G1プレミアムカップ(飯塚)

【略歴】


森泉宏一(もりいずみ・こういち)
1984年5月8日生まれ
東京都出身 広島県・富山県育ち

父親の影響もあり、学生時代は野球に打ち込む
25歳の時、ボートレースで公営競技実況デビュー
2017年4月から伊勢崎オートでオートレース実況を始める
公営競技実況の他、プロアマの野球実況
さらにはイベントや展示会の司会
広告モデルや話し方教室講師などでも活動
野球好きの選手からの誘いもあり、
伊勢崎オートの野球チーム「キラッツ」に入部
しかし、デビュー戦において投手で二桁失点を喫する
その為に最近、オートレース界隈でその実力が疑われている
某選手からの「投げるスタミナがあるだけで助かっている」
という慰めの言葉が唯一の救い

12

ページの先頭へ

メニューを開く