TOP > オートレース > 飯塚G1(4日目)ピックアップ

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2020/02/10

Perfecta編集部

飯塚G1(4日目)ピックアップ

飯塚G1(4日目)ピックアップ

最終レース終了後、優出8選手による枠番選択が行われる。
4番目選択の東小野が5枠を選択したため、5番目選択の池田が4枠に入った。

【12R=福岡ソフトバンクホークス杯G1開設63周年記念レース優勝戦】
*8周回 4,100m 0mオープン(枠番選択)
1/鈴木圭一郎(浜松32期)選択順1番目
2/松本やすし(伊勢崎32期)選択順2番目
3/重富大輔(飯塚27期)選択順3番目
4/池田政和(川口23期)選択順5番目
5/東小野正道(浜松25期)選択順4番目
6/荒尾聡(飯塚27期)選択順6番目
7/鈴木宏和(浜松32期)選択順7番目
8/永井大介(川口25期)選択順8番目

*******************
【ボートレース選手トークショー】

4R・、8R発売中に場内イベントステージにおいて、ボートレース界の“グレートマザー”日高逸子選手のトークショーが行われた。
現在58歳、長い現役生活の秘訣については、「デビューして35年かな?自分でもよく分からないくらい長く走っています(笑)。ヨガはずっと続けていますが、体が丈夫なんです。インフルエンザにも罹ったことがないくらい体が頑丈。それが長くやってこられた秘訣だと思います」
今後についても「そろそろ引退を考えなきゃいけないですが、2人の娘が大学院と大学にいっているので、まだもうちょっと頑張ろうと思います!それと女性の最年長も目指しています。女性だと鵜飼菜穂子さんが60歳で、男性だと高塚(清一)さんが72歳で乗っているので、私も頑張りたいと思います!」と、抱負を語った。

グノシーのアプリ内で『ボートレース』チャンネルが2月の期間限定でオープン!

ページの先頭へ

メニューを開く