TOP > オートレース > 2/12=2019年オートレース選手表彰式典

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2020/02/12

Perfecta編集部

2/12=2019年オートレース選手表彰式典

2/12=2019年オートレース選手表彰式典

【最優秀新人賞】

上和田拓海(川口34期・23歳)
☆34期の優勝一番乗り
☆34期で単勝率と1着回数が第1位

[上和田選手のコメント]
素直に嬉しいと思います。
2019年は優勝も1度、できましたし。
最後の節で2度目の優勝戦にも乗れたので、楽しい1年だったなと思います。
同期に刺激を貰って、自分も速くなっていると思う。
今年は自分だけでなく、34期全体が速くなっていけるように。
切磋琢磨していけたら良いですね。
昨年の夏の優勝以来、まだ獲れていないので。
今年もシッカリ成績を残して、みなさんの車券に貢献できるように頑張りたいと思います。

***************

【優秀新人賞】

川口裕司(飯塚34期・26歳)
☆34期で連勝率と複勝率が第1位
☆優出回数1回(2着)

[川口選手のコメント]
初優出はスタート切った時、もうやるしかないと思ったんですけど。
優勝できなかったのは悔しかったです。
上和田に続いて優勝することを目指していたのですが、まだ獲れていないので、次こそは優勝したいですね。
今年は1年間、優勝できるように。
同期で切磋琢磨し合って、頑張っていきます。

***************

【平尾昌晃賞】

佐藤摩弥(川口31期・27歳)
☆女性初のSGスーパースター王座決定戦トライアル出場
☆女性初のSGスーパースター王座戦ファイナル進出

[佐藤選手のコメント]
昨年は今までで一番、オートレースが楽しかったです。
年末のスーパースター王座決定戦は初日に8着で惨敗してしまって。
その時に「通用しない、いつものレースができない」というのを感じました。
それがあったからこそ捨て身の気持ちではないですけど。
2日目に1着が獲れて、決定戦に繋がりました。
本当に濃い5日間でしたね。
まだ私はG1も獲れていない。
優勝戦には昨年も4回、乗りましたが、優勝争いはできなかった。
もちろん、SGは勝ちたいですけど、まだまだかなとは思っています。
みなさんの期待に応えられるように、今年も懸命走りたいと思います。

***************

【平尾昌晃賞】

岩田行雄(伊勢崎15期・62歳)
☆史上3人目となる通算勝利記録1,500勝を達成

[岩田選手のコメント]
1,500勝までいっちゃいましたね。
1,000勝までは目指していたのですが、あとは惰性みたいな感じで。
1,500勝の意識はしていませんでしたよ。
1着を獲りにいっただけ、選手みんなそうですからね。
記録達成はよくやったなとは思っています。
毎レース、1着を目指して、そのためにはどうしたら良いのかを色々と考えていますよ。
勝ちたいなと、思っているだけです。
ファンがあってのオートレースですし、選手一同、みんな頑張っています。
自分もこれからも頑張ります。

***************

【平尾昌晃賞】

長谷川啓(川口12期・68歳)
☆最年長優勝記録を更新(68歳6ヶ月10日)

[長谷川選手のコメント]
まさかこの年齢になって、こういう賞をいただけるとは思っていなかった。
本当に嬉しいです。
最年長優勝は本当に20回目の優勝をするのが夢だったので、嬉しかったです。
優勝するのは本当に難しいですからね。
オートレースは走るテクニック、整備力、それから集中力。
大きなレースを獲るには気持ちが強くないとダメだと思うんです。
そういう選手をいっぱい見て、自分は何が足りないか考えたら……全部、足りなかったんです。
篠崎実選手が最年長優勝を狙っているみたいなので、是非、優勝しないで欲しいです(笑)。
最高の環境でやらせて貰っていますし。
これからも21回目の優勝を目指して、毎日、1着を獲ろうと思って頑張るつもりでいます。

123

ページの先頭へ

メニューを開く