TOP > オートレース > 『森泉宏一の実況天国』Vol.29

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2020/03/17

Koichi Moriizumi

『森泉宏一の実況天国』Vol.29

『森泉宏一の実況天国』Vol.29

「次のコラムが出る頃には少しでもいつも通りの日常に……」

前回のコラムはこんな締めくくりをしたと思いますが、状況が変わりません。
相変わらずの無観客レース。
さらに先日、無観客レースの延長が発表されました。

そのような中、伊勢崎オート『G2レジェンドカップ』が開催されました。
シリーズ4日目に行われた優勝戦進出選手の勝ち上がりインタビュー。
加えて、最終日の優勝選手インタビュー、及び表彰式の司会を担当した次第。
本来であれば、両日共に、お客様に囲まれた屋外ステージでの予定でしたけれども。
今回はロッカー内の一角で行われることになりました。

何となくトーク番組っぽい席の配置ですね。
終始、鈴木清(川口23期)選手のイン締めに苦労した永井大介(川口25期・右)選手は
「危なかった~(笑)」と、言いながらインタビュー会場へ。
8選手が勝ち上がり、枠番選択も選択順に、順当に内枠からアッサリ決まりました。

そして、優勝戦__当日は朝から小雨。
しかしながら最終日の序盤で雨は降り止み、あとはどれくらい走路が乾くかに注目が集まりました。

迎えた優勝戦。
髙橋貢(伊勢崎22期)選手の他、池田政和(川口23期)選手、浦田信輔(飯塚23期)選手と、レジェンドカップ歴代覇者が人気に推されました。
その他にも通算100Vが懸かる永井選手。
昨年の大会で準優勝、リベンジに燃える内山高秀(伊勢崎26期)選手。
さらには人気レーサー森且行(川口25期)選手など、豪華メンバー集結の一戦に。

0オープンのスタートから真っ先に飛び出したのは岩崎亮一(山陽25期)選手でした。
そこに浦田選手、髙橋選手が続く展開になります。

序盤で浦田選手が岩崎選手を捌いて先頭へ。
しかし、次の周回では地元・伊勢崎の『絶対王者』髙橋選手がトップの座を奪う。

後ろから浦田選手が追うものの、後続を振り切った髙橋選手が見事、大会連覇を達成!
昨年はフライングがありながら、最終周回で捌いての優勝。
そして、今回は斑(ぶち)走路の発表ながら上がりタイムは驚異の3.349!

優勝戦の詳しいリポートはこちら

マスク着用のインタビューの様子。
喋っていると、ドンドンずり落ちるので完全に鼻が出ています(苦笑)。

優勝インタビューで、無観客レースの影響を問われた髙橋選手は
「準決勝戦までは感じませんでしたが、優勝戦は大時計、青ランプ点灯を待っている間、スタンドを見て、寂しい感じがしました」
そのように無観客レースの感想を述べましたが、最後には
「テレビの前で応援してくれたみなさんのおかげで良い走りができました!」
「無観客レースがいつまで続くか分かりませんが、明けた際には、また、本場で大きな声援を我々選手に送って、オートレースを楽しんで下さい」

12

ページの先頭へ

メニューを開く