TOP > オートレース > 山陽G1(4日目)ピックアップ

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2020/06/16

Perfecta編集部

山陽G1(4日目)ピックアップ

山陽G1(4日目)ピックアップ

2020年6月16日
山陽(4日目)開場55周年記念スポニチ杯 G1 第1回令和グランドチャンピオンカップ

【9R=準決勝】
*6周回 3,100m(良走路)

単独0ハンの1・青木隆浩が快調に逃げる。
スタートから2番手に前田淳、3番手は5・長田恭徳が続く。
長田が最終周回3コーナーで前田と青木を2車抜き成功。
そのまま長田が1着ゴール。
2着は逃げ粘った青木、3着に前田が入着した。


1着/長田恭徳(山陽32期)競走タイム3.453
競走車名:オフホワイト ランク:A5
今節の成績:3着・5着・3着・1着

最終周回で前をいく2車に渾身の突っ込みを決めた。
「前田さんがどう仕掛けるかを見ていました。自分なりに余裕がありましたし、最後は勝負に出ないとダメだと思って大きく振ったら、内が空きましたね」
G2の優出経験はあるが、G1はこれが初優出となる。
「メチャクチャ嬉しいです。自分でもビックリ(笑)」と、満面の笑み。
「エンジンは悪くないので、優勝戦も100%が出せるように頑張ります!」
勝てば通算100勝のメモリアルも達成する。


2着/青木隆浩(山陽33期)競走タイム3.471
競走車名:リョウマ ランク:A224
今節の成績:3着・2着・5着・2着

スタートから逃げ態勢を築いて、最終周回まで先頭をキープ。
「スタートはいつも通りに切って、あとはペースに乗っていければ良いなと、思っていました」
54度の熱走路も味方して「信じられないくらい嬉しい」G1初優出を決めた。
昨年12月の山陽G1スピード王決定戦以来、G1出場自体が2回目の快挙。
「エンジンは悪いところがない。優勝出来るように、懸命に走ります」
初のG1優勝戦は単独0ハンで挑む。

***************

【10R=準決勝】
*6周回 3,100m(良走路)

10線大外の8・荒尾聡が1周回目で3番手の好位置につける。
すぐさま前をパスして早々に先頭に立つと、あとは後続を離して一人旅。
2番手の2・高宗良次を5周回目に4・田中正樹がかわして2着に入った。


1着/荒尾聡(飯塚27期)競走タイム3.453
競走車名:デフジャムAK ランク:S4
今節の成績:2着・1着・4着・1着

「1周回目の展開が良かった、あの展開一本です!」
スタートの切れは「良くなかった」であるが、すぐさま3番手につける速攻劇で勝利を大きく手繰り寄せた。
圧巻のレース運びに思えたものの「試走もタイムも出て、この展開なのに上がりタイムが良くない」と、まだ及第点には及ばず。
令和初のSGウィナーが第1回目の『令和グランドチャンピオンカップ』も制するか?


2着/田中正樹(飯塚29期)競走タイム3.482
競走車名:タイガーマサキ ランク:A46
今節の成績:7着・3着・2着・2着

2周回目に3番手に上がるも高宗良次をかわせずにいたが、ずっと機を狙っていた。
「良いコースを走っていたし、なかなかいけませんでした」
好機が訪れたのは5周回目。
「たまたま滑るところがあったので、チャンスだと思って入りました」
これが嬉しいG1初優出となった。
優勝戦は10線の最内で「エンジンはずっと良い」だけに、まずはスタートに集中だ。

12

ページの先頭へ

メニューを開く