TOP > オートレース > 川口G2(4日目)ピックアップ

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2020/06/27

Perfecta編集部

川口G2(4日目)ピックアップ

川口G2(4日目)ピックアップ

2020年6月27日
川口(4日目)スポーツニッポン新聞社杯 G2川口記念

(キャッチ)
川口G2ナイター(4日目)ピックアップ
優勝戦は0mに川口勢7名、スーパーハンデに青山周平!

(TOP)
2020年6月27日
川口G2ナイター(4日目)スポーツニッポン新聞社杯 川口記念

【9R=準決勝】
*6周回 3,100m(良走路)

スタートを決めて、早々に2番手つけた5・高橋義弘が1周回目に1・佐々木敏夫をかわして先頭。
そのまま逃げ態勢に持ち込んでいく。
2番手に7・若井友和、3番手に8・早川清太郎が追い上げるが、高橋が押し切って1着。
2番手を若井が守り切って、優出を決めた。


1着/高橋義弘(川口29期)競走タイム3.424
競走車名:キャバーマン ランク:A44
今節の成績:2着・8着・4着・1着
今節ここまで未勝利も、準決勝では持ち前のスピード活かした速攻で1着突破を決めた。
グレードレースの優出は10線内の2号車から優勝をした昨年3月の川口G1開設記念以来。
0mの最内からグレードレースは4度目、G2初優勝を狙う。


2着/若井友和(川口25期)競走タイム3.424
競走車名:モエルトウコン ランク:S8
今節の成績:1着・4着・3着・2着
準決勝は試走3.32のメンバー中、一番時計。
早川清太郎の攻めを凌ぎ切り、2着をキープして優出を決めた。
地元グレードレースは昨年12月の開設記念で、最終周回での逆転Vを演じたのが記憶に新しいところ。
優勝ならば意外にもG2制覇は初となる。

***************

【10R=準決勝】
*6周回 3,100m(良走路)

0ハンからは1・吉田祐也が機先を制する。
しかし、10線外から8・永井大介が圧巻のカマシを決めて、スタートで早くも3番手につける。
永井は0ハン勢をかわして、3周回目に先頭に立つと、あとは独走態勢に入り1着。
6・大木光は序盤で7・伊藤信夫に抜かれる。
だが、インを攻めて再逆転すると、5周回目に逃げ粘る吉田を捕えて2着。


1着/永井大介(川口25期)競走タイム3.392
競走車名:ダビド・ビジャ ランク:S6
今節の成績:1着・6着・3着・1着
準決勝の競走タイム3.392は今節、4日間でナンバーワンのタイム。
他を圧倒する圧勝劇を見せた。
2節前にダビド・ビジャに乗り替わり、通算100Vのメモリアルを達成したばかり。
優勝戦は0mの大外・7枠。
準決勝同様に一気の仕掛けで、2017年以来2度目の川口記念Vなるか。


2着/大木光(川口28期)競走タイム3.418
競走車名:ウミヘビ ランク:S22
今節の成績:4着・2着・5着・2着
メンバー中で唯一、今節、未勝利ながらも準決勝はシッカリ。
インから捌いて優出切符を手繰り寄せた。
グレードレース優出は5月の伊勢崎G2稲妻賞以来、今年2回目。
優勝ならば2008年川口のG1開設記念以来、実に12年ぶり2度目のグレードレース制覇となる。
天候も気になるところ。

12

ページの先頭へ

メニューを開く