TOP > オートレース > 伊勢崎SG(4日目)ピックアップ

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2020/08/14

Perfecta編集部

伊勢崎SG(4日目)ピックアップ

伊勢崎SG(4日目)ピックアップ

2020年8月14日
伊勢崎SG(4日目)第24回オートレースグランプリ

【9R=準決勝】
*8周回 4,100m(良走路)

試走一番時計の5・永井大介がセンター枠からスタートを決める。
そのままレースの主導権を握ると、他の追随を許さずに逃げ切り1着ゴール。
スタートで2番手につけた4・高橋貢が7・木村武之の攻めを凌いで2着。


1着/永井大介(川口25期)競走タイム3.400
競走車名:ダビド・ビジャ ランク:S6
今節の成績:3着・5着・1着・1着
スタート速攻から快速ぶりを発揮して、8周回を逃げ切った。
「最高のスタートが切れました。仕上がりは最近の中では一番良いですね」と、エンジンも納得の出来だ。
2008年、当地のグランプリでSG初制覇。
そこからダブルグランドスラムを達成するなど、トップを走り続けてきた。
だが、2018年のスーパースター王座決定戦を最後にSG制覇には届いていない。
グランプリ優勝ならば6年ぶり4回目、通算16回目のSG制覇となる。


2着/高橋貢(伊勢崎22期)競走タイム3.410
競走車名:ウルフM ランク:S5
今節の成績:2着・4着・3着・2着
レジェンドレーサーがシッカリと、地元SGの優勝戦に進出した。
「最近は調子が良くなかったが、優勝戦に乗れたのは良かった」
クランク交換、さらに「まだ優勝戦では見劣る感じがある。もう少し力が欲しい」と、策を練る。
2017年にグランプリを制してから3年程、頂点(SG優勝)には届いていない。
3年ぶり3回目のグランプリ制覇ならばトリプルグランドスラムという偉業も達成となる。

***************

【10R=準決勝】
*8周回 4,100m(斑走路)

急な小雨で走路は斑(ブチ)の発表。
スタートで大カマシを決めたのは8・内山高秀で、1周回で先頭に立つ。
センター枠から5・佐藤貴也も2番手につけ、内山、佐藤の態勢で周回を重ねる。
3番手につけた2・中村雅人だったが、前を行く両者を攻めあぐねる。
内山が押し切り1着、佐藤が2着、3着に中村が入着。
人気を背負った1・鈴木圭一郎だったが、出遅れが響いて、追い上げるも4着まで。
3連単は88万円台の超高配当決着となった。


1着/内山高秀(伊勢崎26期)競走タイム3.434
競走車名:ジャブラニK ランク:S30
今節の成績:5着・5着・2着・1着
大外8枠で1着奪取して、88万車券という波乱の立役者となった。
「出来すぎです」と、謙遜(けんそん)気味に振り返るが、集中していたというスタートをここ一番で決めた。
「ペースが上がらなかったけど、エンジンが味方しましたね」
優勝戦は準決勝戦と打って変わって0mの最内枠。
SG初制覇が多いグランプリだが、今回の優出メンバーでSGを獲っていないのは内山のみ。
「優勝戦も思い切り頑張りたいです」と、虎視眈々。


2着/佐藤貴也(浜松29期)競走タイム3.437
競走車名:スケートラブ ランク:S11
今節の成績:2着・1着・2着・2着
エンジン状態が高いレベルで安定している。
「凄くよく動いてくれています。ここ最近で良くなって、ナイターも合いました」
初日からただ1人、オール連対で優勝戦進出を決めた。
その優勝戦に向けても「エンジンは特にこれと言ってやることはない」と、太鼓判。
「スタートを決めて、優勝したいと思います」
2018年のオールスター以来、2回目のSG制覇なるか。

12

ページの先頭へ

メニューを開く