TOP > オートレース > 川口G1(4日目)ピックアップ

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2020/08/29

Perfecta編集部

川口G1(4日目)ピックアップ

川口G1(4日目)ピックアップ

2020年8月29日
川口G1(4日目)第44回 日刊スポーツ キューポラ杯

【9R=準決勝】
*6周回 3,100m(良走路)

スタートを決めた2・岩田裕臣が後続の仕掛けを凌ぎ切って1着ゴール。
岩田の後位で4・佐藤裕二と8・永井大介の争いが続いていたが、最終コーナーで開いた内に入った3・藤岡一樹が2着。
人気の永井は3着で優出を逃した。


1着/岩田裕臣(川口31期)競走タイム3.437
競走車名:プラスワン55 ランク:A68
今節の成績:3着・2着・1着・1着
1着入線も審議対象となっていたが、セーフの判定を聞いて安堵の表情を浮かべた。
準決勝戦も好スタートを切ると、6周回を押し切って、3日目から連勝。
2017年11月飯塚の開設記念レース以来、2度目のG1優出を果たした。
優勝戦は10線最内の1番車。
初の記念制覇へ、スタートに集中だ。


2着/藤岡一樹(山陽29期)競走タイム3.441
競走車名:シャウラK ランク:S48
今節の成績:4着・7着・2着・2着
試走タイムは3.40と、劣勢だったが、最後の最後で大逆転劇を見せた。
今節、ここまで勝ち星こそないが、粘り強く優出切符を手にした。
G1優出は昨年3月山陽の特別G1プレミアムカップ以来。
優勝ならば2011年山陽のG1スピード王決定戦以来となる。
ちなみにその時の3連単は149万円台の超高配当決着だった。

***************

【10R=準決勝】
*6周回 3,100m(良走路)

試走3.31で圧倒的一番人気に推された8・鈴木圭一郎。
スタートから着実にポジションを上げると、3周回目のHSで1・廣瀬勝光を捕らえて、あとは一人旅。
7・中村雅人の追い上げも鋭かったが、4周回目に2番手に浮上した5・木村武之が2着。浜松勢のワンツー決着となった。


1着/鈴木圭一郎(浜松32期)競走タイム3.412
競走車名:カルマ3K ランク:S2
今節の成績:1着・4着・1着・1着
終わってみれば波乱の連続だった準決勝戦で、ここだけが3連単一番人気での決着となった。
貫禄のレース運びで、一番時計を計時しての優出を決めたが、もちろん、まだまだ上積みを狙っていく。
キューポラ杯は2018年に次いで2度目の優出。
初制覇に王手だ。


2着/木村武之(浜松26期)競走タイム3.437
競走車名:ワント ランク:S17
今節の成績:7着・2着・2着・2着
開幕戦の1レースで7着スタートを切ったが、そこから立て直して、オール連対で優出を決めた。
優出メンバーでは最年長だが、卓越したテクニック、優勝争いを演じよう。
2018年以来、通算16回目のG1制覇を狙う。
キューポラ杯は2016年に優勝歴あり。

12

ページの先頭へ

メニューを開く