TOP > オートレース > 川口G1(最終日)レポート

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2020/08/30

Perfecta編集部

川口G1(最終日)レポート

川口G1(最終日)レポート

2020年8月30日
川口G1(最終日)第44回 日刊スポーツ キューポラ杯

【12R=優勝戦】
*8周回 4,100m(良走路)
1/岩田裕臣(川口31期)ハンデ10m/試走3.39
2/森谷隼人(川口29期)ハンデ10m/試走3.38
3/中村友和(浜松32期)ハンデ10m/試走3.34
4/藤岡一樹(山陽29期)ハンデ10m/試走3.35
5/木村武之(浜松26期)ハンデ10m/試走3.34
6/松尾啓史(山陽26期)ハンデ10m/試走3.35
7/早川清太郎(伊勢崎29期)ハンデ10m/試走3.32
8/鈴木圭一郎(浜松32期)ハンデ10m/試走3.31

オール10mハンデ戦となった優勝戦。
試走一番時計は3.31を計時した8・鈴木圭一郎。
7・早川清太郎が3.32で続き、この両者の折り返しが人気を集めた。
また、好調の3・中村友和や実力者の5・木村武之と、浜松勢が人気サイドに推されていた。

スタート先行したのは2・森谷隼人だが、3・中村友和が1周回2コーナーで森谷のインを攻めて、3コーナーで先頭に立つ。
5・木村武之もスタートを決め、好位置につける。

2周回目に木村が森谷を捌いて2番手に浮上。
前を行く中村との車間を詰めていく。

3周回目3コーナーで7・早川清太郎が森谷をかわして3番手。
8・鈴木圭一郎も4番手まで上がってくる。

早川は6周回目3コーナーで木村を捕らえて2番手に浮上。
中村を射程圏に入れる。

早川は7周回目に逃げる中村を抜いて先頭に躍り出る。
最終周回で中村も再度、抵抗を試みるが、早川が振り切って優勝のチェッカー。
2着に中村、3着に木村が入着。
人気の一角だった鈴木は4着に終わった。

早川は昨年の伊勢崎G1ムーンライトチャンピオンカップ以来となる、通算7回目のG1制覇。
ちなみに過去6回はすべて地元・伊勢崎での優勝。
今回のG1キューポラ杯が自身初となる他場でのG1タイトル奪取となった。

優勝/早川清太郎(伊勢崎29期)競走タイム3.414
キューポラ杯は過去に何度も優勝戦2着で、悔しい思いをしてきたG1だったので、やっと1着を獲れて嬉しいです。
他場でのG1優勝も初めてなので、地元と違う格別な喜びがあります。
今節は初日からだいぶ良いフィーリングで進めてこられたので、自分のミスさえなければチャンスはあるかなと。
試走(3.32の二番時計)の手応えはタイムも出ていましたし、自分のフィーリングも良かったです。
スタートはもう少し良いところにつけたかったのですが、優勝戦のメンバーはみんな、スタートが早いので。
スタートを切ってからはズーッと、落ち着いて、前を見て走りました。
エンジンには自信があったので、とにかくタイヤを使わないように、滑らせないように。
もしも相手がタイヤを滑らせた時はその隙は逃さないようにしようという気持ちでした。
前を走っている選手の方はタイヤに負担が掛かっているようだったので、チャンスがあればと、思っていましたね。
頭に抜けてからも後ろは近くにいるのが分かっていた。
気を抜かず、シッカリと、走りました。
やっとキューポラ杯を獲れましたね(笑)。
次はもう一つ大きなタイトル(SG)を優勝したいと思っていますので、努力していきます。応援、宜しくお願いします!

ページの先頭へ

メニューを開く