TOP > オートレース > 伊勢崎G1(4日目)ピックアップ

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2020/09/12

Perfecta編集部

伊勢崎G1(4日目)ピックアップ

伊勢崎G1(4日目)ピックアップ

2020年9月12日
伊勢崎(4日目)さわやか杯G1第27回ムーンライトチャンピオンカップ

【9R=準決勝】
*6周回 3,100m(湿走路)

完全な湿走路となった準決勝戦・第9レース。
試走一番時計の5・篠原睦が人気に推されていた。
10mハンデの内枠からスタートを決めた1・吉田恵輔が雨巧者ぶりを発揮して、6周回を逃げ切り勝ち。
スタートで3番手につけた6・松尾啓史が2周回目に鈴木聡太をかわして、2番手に上がる。
そして、後続の攻めを凌いで2着、3着には7・中村雅人が入着した。
人気の篠原が5着に敗れたこともあり、3連単は4万円台の高配当決着となった。

1着/吉田恵輔(伊勢崎29期)競走タイム3.936
競走車名:マイキー ランク:A127
今節の成績:4着・3着・3着・1着
地元屈指の雨巧者が大一番で決めた。
「集中しました」というスタート争いを見事に制して、6周回を押し切った。
「ペースを上げられませんでしたね」と、振り返るが、これが嬉しいG1初優出。
初のG1ファイナルの舞台でも最内枠からレースを作りたい。

2着/松尾啓史(山陽26期)競走タイム3.936
競走車名:ラディカルV ランク:S16
今節の成績:6着・1着・2着・2着
直近180日湿走路の勝率0%、連対率17%の劣勢を見事に覆した。
「自分でもビックリ」した抜群の飛び出しで、好位置につけると、
「雨走路の自信がない分、落ち着いて、滑らせないように走りました」
コースを守り切って、2着をキープした。
前節の川口G1キューポラ杯に続いて、G1は連続優出。
好ムードそのままに2018年以来、3度目のG1制覇を狙う。

***************

【10R=準決勝】
*6周回 3,100m(湿走路)

試走一番時計を出した1・谷津圭治がスタートを決め、主導権を握っていく。
6・木村武之はスタートで3番手につけると、2番手の田中茂をかわして早々に2番手に上がる。
セーフティーリードを保って逃げた谷津が押し切って1着。
木村を追う7・佐々木啓、3・黒川京介の2着争いは木村が制して優出を決める。
最後の直線で捲った黒川が3着に入着。
同一G1・4連覇の偉業に挑んだ地元の8・早川清太郎だったが、6着に終わった。

1着/谷津圭治(伊勢崎25期)競走タイム3.878
競走車名:ジョリーキーキ ランク:A12
今節の成績:2着・2着・4着・1着
前のレースを見て、気合がさらに入った。
「前のレースで(吉田)恵輔が頑張っていたので、刺激されましたね」
スタートで先制すると「ずっと滑っている感じがあった」ものの、そのまま押し切った。
G1優勝戦は2015年10月の船橋オート祭以来、5年ぶり。
3枠からG1初優勝を目指す。

2着/木村武之(浜松26期)競走タイム3.884
競走車名:ワント ランク:S17
今節の成績:1着・3着・5着・2着
さすがのテクニックで熾烈(しれつ)な2着争いを制した。
「谷津さんを目標にして、自分のコースをはらまないようにしました」
優勝戦3着だった前節の川口G1キューポラ杯に続いて、G1連続優出。
「明日の優勝戦も、目一杯、頑張りますよ」
優勝ならばムーンライトは初、16回目のG1制覇となる。

12

ページの先頭へ

メニューを開く