TOP > オートレース > 『森泉宏一の実況天国』Vol.40

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2020/09/25

Koichi Moriizumi

『森泉宏一の実況天国』Vol.40

『森泉宏一の実況天国』Vol.40

9月15日、第35期オートレース選手候補生の入所式が茨城県下妻市にあるオートレース選手養成所で行われました。
今回は史上最多となる8人の女子候補生を含む20名の候補生が入所。
約9ヶ月の訓練を経て、来年の6月にデビューする予定となっています。

その35期の1期先輩となる34期の選手たちは昨年6月にデビュー。
既に初優勝を果たした選手、怪我に苦しむ選手など、道のりは様々です。
そして、最近の34期は1級車の練習も始まっています。
1級車の練習をすることで2級車が乗りやすくなるという話しも聞いたりしますので、1級車に乗り替わるまでの期間の動きにも注目したいところ。
今回はそのような34期にスポットを当てていきます。
(*成績は9月22日現在)

***************


石川哲也選手(伊勢崎)

父は同じ伊勢崎所属の石川岳彦(伊勢崎20期)選手。
高校は野球の名門・栃木県の文星芸大附属高校出身。
投手として栃木県ベスト4にも進出した実績を持ちます。
今年8月の川口開催では師匠の新井淳(伊勢崎23期)選手と共に、デビュー初優出。
節間の勢いから初優出・初優勝の期待も持たれましたが、5着に敗れました。
それでも、近況の勢いは目立っており、今後、追っていきたい選手の1人。


横田翔紀選手(伊勢崎)

師匠はあの『絶対王者』髙橋貢(伊勢崎22期)選手。
ここまで良走路では苦労する場面が多かったですが、湿走路では結果が出ていました。
9月に行われた地元・伊勢崎でのアフター6ナイターレースではデビュー初優勝。
これが、2000年代生まれで初の優勝選手となりました。


野本佳章選手(伊勢崎)

バイクやスポーツなどの全国優勝者、海外での成績優秀者らが対象となる入試特例選手の1人。
2016年バイク・トライアル世界選手権出場の経歴を持ちます。
養成所では優秀賞も受賞しましたが、デビュー序盤は苦戦。
しかし、今年ここまでに22勝をマーク、白星を量産しています。

12

ページの先頭へ

メニューを開く