TOP > オートレース > 山陽G2(4日目)ピックアップ

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2020/10/17

Perfecta編集部

山陽G2(4日目)ピックアップ

山陽G2(4日目)ピックアップ

2020年10月17日
山陽(4日目)日刊スポーツG2 第31回若獅子杯争奪戦

【9R=準決勝戦】
*6周回 3,100m(斑走路)

1・新井裕貴、2・小原望の0ハン両者が序盤は展開を作り、3周回1コーナーで小原が新井をかわして先頭に立つ。
小原が逃げ態勢に入ると、道中7番手に置かれていた8・丸山智史は内から捌いて着実にポジションを上げる。
5周回4コーナーで2番手まで浮上した丸山は小原との車間を詰めるが、小原が振り切って1着。
2着に丸山で31期のワンツー。
3着には7・新井恵匠が入着した。


1着/小原望(川口31期)競走タイム3.435
競走車名:N・マツユキ ランク:A214
今節の成績:1着・2着・1着・1着
準決勝も早目の抜け出しから押し切って、今節3勝目をマーク。
成績通りにエンジンは好仕上がりだ。
グレードレース優出は2016年5月のG2川口記念以来、約4年半ぶり3回目。
2015年にはG1で準優勝も経験。
0mハンデの大外から好展開を作れるか。


2着/丸山智史(山陽31期)競走タイム3.413
競走車名:ジェシカ ランク:S21
今節の成績:8着・3着・2着・2着
準決勝戦は絶体絶命の位置から諦めない走りで優出圏内まで浮上。
今節、勝ち星こそないが、見事に地元G2で優出を決めた。
グレードレース優出は全て山陽で、今年2月の若獅子杯以来となる4回目。
2月の若獅子杯は優勝戦5着だった。
今回は山陽勢から唯一のファイナリストとなっただけに、地元ファンの前での好走に期待だ。

***************

【10R=準決勝戦】
*6周回 3,100m(斑走路)

単独0ハンから1・赤堀翼が逃げ展開に持ち込んでいく。
最重ハンデからは7・中村友和が好位置につけると、2周回1コーナーで2・小栗勝太を捕らえて2番手に上がる。
赤堀のスピード良く、2番手以降を離してリードを保ち、そのまま逃げ切り。追い上げてきた4・田村治郎との争いを制した中村が2着で優出切符で、浜松勢のワンツー。
8・佐藤摩弥は5着で優出を逃す。


1着/赤堀翼(浜松30期)競走タイム3.423
競走車名:キャプツバ ランク:A186
今節の成績:2着・5着・1着・1着
乗りやすいエンジンと良タイヤで3日目から連勝。
準決勝戦は抜け出してから2番手以降を寄せつけない快走が光った。
これが嬉しいグレードレース初優出だった。
初の8周戦となる優勝戦は0mハンデの2枠。
準決勝戦同様、逃げ展開に持ち込みたい。


2着/中村友和(浜松32期)競走タイム3.407
競走車名:ヒカリ ランク:S26
今節の成績:3着・3着・5着・2着
20線から巧スタートを切って、好展開を手繰り寄せた。
エンジンは後輩の手伝いもあって良化。
赤堀の逃げを捕らえるまでには至らなかったが、優出圏内をキープした。
今年は長田恭徳、小林瑞季と、同期の記念初制覇が続く。
グレードレース10度目の優出、念願の記念初優勝を狙う。

12

ページの先頭へ

メニューを開く