TOP > オートレース > 川口SG(4日目)ピックアップ

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2020/11/02

Perfecta編集部

川口SG(4日目)ピックアップ

川口SG(4日目)ピックアップ

2020年11月2日
川口(4日目)SG 第52回日本選手権オートレース

【9R=準決勝戦】
*8周回 4,100m(湿走路)

7R前に降り出した雨により湿走路で準決勝戦はスタート。
4・泉田修佑がフライングで、2本目のスタートは5・鈴木宏和が飛び出して、レースの主導権を握る。
2周回目に一旦は2番手に上がった2・荒尾聡だったが、4周回目で1・高橋貢が逆転。
高橋は6周回目に鈴木を捕らえ、1着ゴール。
7周回目に鈴木をかわした荒尾が2着、外コースから攻め上がってきた泉田が3着入線した。


1着/高橋貢(伊勢崎22期)競走タイム3.678
競走車名:ウルフ ランク:S4
今節の成績:1着・2着・3着・1着

百戦錬磨の絶対王者が勝負強さを見せつけた。
今節がスーパースター王座決定戦トライアルへの最後の戦い。
今年はここまで2ポイントと、劣勢でありながらも
「滑ったり、食いついたりした」
という不安定走路を見事に乗り切って、1着突破を果たした。
「3番手でどうにか展開が変わらないかな?と、思っていました。仕掛けるタイミングが難しかった」
日本選手権は過去4回制覇、ここまで積み上げたSG制覇は21回。
「今年は成績が良くなかったけど、ここにきて良くなってきた。精一杯、頑張ります」
レジェンドレーサーが復権を誓う。


2着/荒尾聡(飯塚27期)競走タイム3.690
競走車名:デフジャムAK ランク:S3
今節の成績:8着・1着・1着・2着

初日まさかの8着スタートだったが、2日目以降はオール連対で優出までこぎつけた。
準決勝戦はフライングがあったが、
「その時に、1・2コーナーが濡れていると判断できました」
と、冷静に状況を把握。
道中は「(鈴木)宏和君の走りに惑わされて、考えすぎてしまったところがあった」
そのように振り返るが、混戦を制して、優出切符を手にした。
「選手になったからには絶対に獲りたいタイトル」
という日本選手権はここまで戴冠に至っていないが、昨年に続いてのファイナル進出。
「ほぼ何もやらなくても良いかなと。思っています」
と、エンジンを評価。
通算5回目のSG制覇へ、6枠から渾身のスタートを決めるか。

***************

【10R=準決勝戦】
*8周回 4,100m(斑走路)

走路は斑(ぶち)に回復。
スタートでは3・若井友和、6・加賀谷建明の川口両者がフライング。
2本目は4・金子大輔が好スタートを決めて、逃げ態勢に持ち込んでいく。
2番手に5・森且行が続いて、森が外から仕掛け、金子が内から抵抗するシーンが続く。
3番手から7・篠原睦、6・加賀谷が前団の争いに加わってくるが、金子が押し切って1着ゴール。
2着に森が入り、優勝戦進出を決めた。
3着には篠原が入着。


1着/金子大輔(浜松29期)競走タイム3.507
競走車名:サンクチュアリ ランク:S14
今節の成績:5着・6着・1着・1着

「昨日から感じが良いです」
というスタートが準決勝戦でも炸裂。
一気の主導権取りから、8周回を押し切って見せた。
「ズーッと、外に森さんが見えていましたけど、ここで抜かれたら、もう着はないなと、思いながら懸命に走った」
8月の川口G1キューポラ杯で「サンクチュアリ」に乗り替わって、今節も優勝戦に進出。
今年はオールスター、グランプリとSG優出を続けているが、6着、8着と、上位争いはできていない。
現段階のエンジンは、晴れでは「並」との評価だが、
「良いレースができるように頑張ります」
優勝戦は2枠から、5年ぶり3回目のSG制覇を狙う。


2着/森且行(川口25期)競走タイム3.510
競走車名:ハカ ランク:S26
今節の成績:1着・3着・2着・2着

今節はオール掲示板入りの安定感。
2016年のオールスター以来となる4年半ぶりのSG優勝戦に進出した。
「連日、切れていますね」
というスタートで、準決勝戦も好展開に持ち込んだ。
斑の難コースも
「道中、乾いているところがあったので、晴と同じように走りました」
と、冷静な判断であった。
エンジン状態に関しては
「晴は安定しています。でも、超抜ではないので考えます」
そのように語った。
念願のSG初制覇への期待が高まる。

12

ページの先頭へ

メニューを開く