TOP > オートレース > 浜松G1(4日目)ピックアップ

オートレース

一覧へ戻る

オートレース

2020/11/22

Perfecta編集部

浜松G1(4日目)ピックアップ

浜松G1(4日目)ピックアップ

2020年11月22日
浜松(4日目)サンケイスポーツ杯 G1秋のスピード王決定戦

【9R=準決勝戦】
*6周回 3,100m(湿走路)

7レース後に小雨が降り出し、8レースから湿走路のバンクコンディションに変化。
1つ目の準決勝戦9レースは0ハンの2・吉田恵輔が3・浅田真吾を突っ張って、逃げ態勢に持ち込んでいく。
スタート6番手から7・金子大輔が周回ごとにポジションを上げていく。
そして、最終周回で4・青島正樹を捕らえて2番手に上がる。
リードを広げた吉田が逃げ切り1着、2着に金子で29期がワンツー。
3着に青島が入着した。


1着/吉田恵輔(伊勢崎29期)競走タイム3.748
競走車名:マイキー ランク:A38
今節の成績:不成立・1着・6着・1着
シリーズ2日目に続いて、好相性の湿走路で今節2勝目。
「張り込みました」というスタートで先制して、逃げ展開へと持ち込んだ。
今年9月には地元・伊勢崎のムーンライトチャンピオンカップでG1初優出、さらに準優勝と見せ場十分の走りを披露した。
優勝戦は晴予報だが、「流れも良いし、晴れでも頑張ります!」と、好気合。
2回目のG1ファイナルで再び好走なるか。


2着/金子大輔(浜松29期)競走タイム3.743
競走車名:サンクチュアリ ランク:S14
今節の成績:2着・2着・5着・2着
今節は未勝利ながら、シッカリと、優勝戦に駒を進めてきた。
準優勝だったSG日本選手権に次いで、グレードレース連続優出。
レース脚がない状態が悩みだったが、「準決勝戦が一番良かった」と、気配良化。
優勝ならば5年ぶり2回目の『秋のスピード王』タイトル奪取となる。

【10R=準決勝戦】
*6周回 3,100m(湿走路)


10線から7・高橋貢がスタートを決めて、1周回で早くも2番手につける。
高橋は1・藤川幸宏を3周回目1コーナーでかわすと、そこからは後続を大きく引き離しての圧勝。
試走一番時計の8・荒尾聡も2周回目に3番手へ。
4周回目に2番手に上がるが、抜け出した高橋の背中は遠く、2着で優出。
3着には藤川が粘った。


1着/高橋貢(伊勢崎22期)競走タイム3.723
競走車名:ウルフ ランク:S4
今節の成績:3着・1着・5着・1着
朝練で手応えを感じたスタートタイミングを信じて、準決勝戦もスタート一閃。
序盤で2番手につけて、勝利を一気に引き寄せた。
晴れも「朝練の感じは良かった」と好感触で、準決勝戦と同様にスタートを攻め込んでレースを早々に支配するか。
G1制覇は2015年のムーンライトチャンピオンカップ以来、遠ざかっている。
だが、数々の記録を刻んできたレジェンドの技で通算28回目のG1優勝を狙う。


2着/荒尾聡(飯塚27期)競走タイム3.759
競走車名:デフジャムAK ランク:S3
今節の成績:5着・3着・4着・2着
準決勝戦は「試走では貢さんに詰まる感じがあった」と、好気配。
7レース後に突然の雨が降ったが、オールマイティにこなせる強味を発揮。
晴れの調整を進めていたので、優勝戦に向けても「そのままで大丈夫だと思います」と、問題なし。
ここまで10回のG1優勝があるが、浜松のみG1奪取を果たせていない。
「切れ出している」というスタートも要注目、G1全場制覇なるか。

12

ページの先頭へ

メニューを開く