TOP > コラム

勝ち方と内容も求められる今後

コラム

2020/04/09

勝ち方と内容も求められる今後

スター誕生か? 見方によれば、それも“あり”かも知れない。はたまた、何のことを言っているのだ?と、思っている方々もいることだろう。 日本競輪選手養成所を早期に卒業した寺崎浩平(福井117期)が4月3日の小田原F1で優勝を…続きを読む

『森泉宏一の実況天国』Vol.30

コラム

2020/04/07

『森泉宏一の実況天国』Vol.30

前回コラムの予告通り、今回は『森泉アナ、実況ハプニング集』をお届けします。 暗い話しばかりでは、どうしても免疫が下がりますから。 少しでも明るい話で免疫を上げたいということで発案! ネタが尽きた時などの“緊急事態”に出そ…続きを読む

競輪に夢CHU Vol.23(最終回)

コラム

2020/04/06

競輪に夢CHU Vol.23(最終回)

皆様、こんにちは!桜井奈津です。 毎日、全国各地で大好きな競輪が開催され、走る選手を金網越しに応援すること。 好きな場所へ足を運に、大好きな人に会うこと。 そういう穏やかな日常が静かに少しずつ壊され、当たり前のこと、当た…続きを読む

恋して競輪ハンター

コラム

2020/04/03

恋して競輪ハンター

恋して競輪ハンター 57 Hunting 3月26日から4日間、福井競輪場でG2ウィナーズカップが開催されました。今回で第4回目となる新しいG2です。選考基準の一つに「1着回数の多い選手」という項目がある影響していて、例…続きを読む

“帝王”山田裕仁の競輪哲学 Vol.68

コラム

2020/04/01

“帝王”山田裕仁の競輪哲学 Vol.68

ビッグレース初の無観客レース、福井競輪場で開催された第4回G2ウィナーズカップは中国地区のゴールデンコンビである松浦悠士(広島98期)選手が清水裕友(山口105期)選手の逃げに乗って優勝!という結果で無事に幕を閉じました…続きを読む

続くコロナ余波

コラム

2020/03/31

続くコロナ余波

東京五輪2020へ暗雲が立ち込めてきた。新型コロナウイルスの拡大が止まず、各国の競技団体が延期を求める動きが顕著になり、ドイツではフェンシングの代表選手がこのまま予定通り開催されるならば代表を辞退すると、宣言。影響力が半…続きを読む

1 2 3 4 5 49

ページの先頭へ

メニューを開く