TOP > コラム

加藤慎平、引退!!

コラム

2018/12/13

加藤慎平、引退!!

また、超一流レーサーが1人、バンクを去ることになった。加藤慎平(岐阜81期)、40歳。若すぎる引退にファン、関係者も驚きを隠せなかった。2000年には競輪祭・新人王に輝き、早くから将来を嘱望(しょくぼう)される。2005…続きを読む

“帝王”山田裕仁の競輪哲学 Vol.37

コラム

2018/12/11

“帝王”山田裕仁の競輪哲学 Vol.37

12月、師走、年末……毎年、この時期になると少しばかり寂しい気持ちになってしまうのはなぜなのでしょう?近年は新年を迎えるにあたり今年より良い年になりますように!って、ポジティブに考えることができなくなっている自分がいます…続きを読む

恋して競輪ハンター

コラム

2018/12/01

恋して競輪ハンター

『恋して競輪ハンター』木三原さくら=25 Hunting 11月20日〜25日、6日間に渡って行われた小倉G1競輪祭が終わり、今年も残すところあと1ヶ月となりました。 賞金ランキングの熾烈(しれつ)なグランプリ出場権争い…続きを読む

競輪祭を終えて

コラム

2018/11/30

競輪祭を終えて

G1レース初のナイター開催となった第60回競輪祭(小倉/北九州メディアドーム)の売り上げ目標は100億円。6日制にしてはおとなしめの目標設定だと感じていた。結果は106億円を超え、成功だと関係者は喜んでいた。しかしながら…続きを読む

“帝王”山田裕仁の競輪哲学 Vol.36

コラム

2018/11/30

“帝王”山田裕仁の競輪哲学 Vol.36

競輪界初の特別競輪ナイター開催、小倉G1競輪祭の優勝者は浅井康太(三重90期)選手でした。 この開催は「初の〜」という言葉がピッタリくる興味深い大会でした。2回の予選トライアルで得点上位者が2次予選にいけるという勝ち上が…続きを読む

『森泉宏一の実況天国』Vol.2

コラム

2018/11/27

『森泉宏一の実況天国』Vol.2

前回、記念すべき第1回目のコラムが掲載された後に 「コラムのタイトル、なんで『実況天国』なんですか?」 と、数人から尋ねられました。 僕の好きなラジオ番組に『安住紳一郎の日曜天国』があります。みなさん、ご存知のTBSアナ…続きを読む

1 2 3 4 5 22

ページの先頭へ

メニューを開く