TOP > コラム

“帝王”山田裕仁の競輪哲学 Vol.24

コラム

2018/05/23

“帝王”山田裕仁の競輪哲学 Vol.24

日本選手権が終わり、京王閣記念、名古屋記念と続いて、あっ!という間に5月も終わります。現役時代もこのように一つ、一つの開催をこなしていくだけで、月日が瞬く間に流れていったことを思い出します。 名古屋記念で、渡邉雄太(静岡…続きを読む

競輪に夢CHU Vol.4

コラム

2018/05/22

競輪に夢CHU Vol.4

みなさま、こんにちは!グラビア車券師・桜井奈津です。 キャッチフレーズって、キャラクターが分かりやすくていいなぁと、思います。 先日の川崎記念のトークショーでご一緒した後閑信一さんは“ボス”という愛称もありますが、かつて…続きを読む

競輪学校の報奨金制度

コラム

2018/05/21

競輪学校の報奨金制度

世間一般的に入学式シーズンは4月となるが、競輪の世界では5月になる。今年も未来のスター、オリンピックを夢見る男女が日本競輪学校の門を叩いた。内訳は男子115回生70人、女子116回生20人で、9日に入学式を終えると14〜…続きを読む

恋して競輪ハンター

コラム

2018/05/18

恋して競輪ハンター

『恋して競輪ハンター』木三原さくら=12 Hunting 先日、松戸競輪で行われた第15回さわやかチャレンジカップ。S級戦では福島94期の真船圭一郎選手の逃げ切り優勝が決まりました。後ろに地元の石毛克幸(千葉84期)選手…続きを読む

心に残るベストショット Vol.10

コラム

2018/05/16

心に残るベストショット Vol.10

競輪に携わって35年、今回は名古屋競輪場のお話しです。 名古屋記念開催は近年まで10月の開催でしたので、レジャーにうってつけのシーズン。しかも連休中に開催されることが多く、この時期は鈴鹿サーキットのモータースポーツの最高…続きを読む

ダービーの数字から思うこと

コラム

2018/05/11

ダービーの数字から思うこと

平塚G1第72回日本選手権競輪、通称=ダービーが6日に幕を閉じた。優勝したのは三谷竜生(奈良101期)で、昨年の京王閣大会に続く連覇を成し遂げた。決勝戦は三谷を含め、近畿は脇本雄太(福井94期)に、村上義弘(京都73期)…続きを読む

1 17 18 19 20 21 22 23 24 25 32

ページの先頭へ

メニューを開く