TOP > コラム

“帝王”山田裕仁の競輪哲学 Vol.65

コラム

2020/02/20

“帝王”山田裕仁の競輪哲学 Vol.65

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない__。 目に見えない物が世界に広がり、しかも、それによって命を落とす可能性があるのだからタチが悪いですね……。この状況があまりにも長引くと、景気の悪化にも繋がるので、1日も早く収束…続きを読む

『森泉宏一の実況天国』Vol.27

コラム

2020/02/19

『森泉宏一の実況天国』Vol.27

先日、行われました飯塚オートG1開設記念レースの優勝戦。 鈴木圭一郎(浜松32期)選手が鋭いスタートを決め、ブッチ切りの逃げを披露。 自身10度目のG1タイトル獲得となりました。 その翌日、鈴木圭一郎選手も出席された『2…続きを読む

特別昇班を決めた寺崎&菊池!

コラム

2020/02/14

特別昇班を決めた寺崎&菊池!

競輪界にとって、久しぶりに明るい話題だ。日本競輪選手養成所を早期卒業した117期の寺崎浩平(福井)と菊池岳仁(長野)は昨年12月のクリスマスに同期の仲間を置いて、一足早く伊豆の山中から羽ばたいた。早期卒業制度は103・1…続きを読む

“帝王”山田裕仁の競輪哲学 Vol.64

コラム

2020/02/05

“帝王”山田裕仁の競輪哲学 Vol.64

今年は子年(ねどし)で、新たなものが形作られていく年回りと、言われています。大相撲初場所では、幕尻西前頭17枚目の徳勝龍が初の幕内最高優勝を果たしました。新しい時代がやってくる予感に、相撲ファンだけでなく、国民も盛り上が…続きを読む

恋して競輪ハンター

コラム

2020/02/04

恋して競輪ハンター

恋して競輪ハンター 53 Hunting みなさん、こんにちは! 諸事情により携帯電話を持たずして、2日程、過ごしていました。 私が携帯電話を初めて持ったのは中学2年生の時。“初ケータイ”は懐かしいかなツーカーでした。そ…続きを読む

『森泉宏一の実況天国』Vol.26

コラム

2020/01/31

『森泉宏一の実況天国』Vol.26

2020年が始まり、早いもので1ヶ月。 各公営競技では実況アナウンサーが 「2020年の初1着」 「今年の初笑い」 などと、伝えるシーンが目立っており、それらのフレーズで年が明けたことを実感する日々です。 私はチャリロト…続きを読む

1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 55

ページの先頭へ

メニューを開く