TOP > 自転車競技 > トラックパーティー2017

自転車競技

一覧へ戻る

自転車競技

2017/10/16

Kimi Kitamura

トラックパーティー2017

トラックパーティー2017

10月14日、2020年の東京オリンピックの自転車競技(トラック)の会場に決定している静岡県・伊豆ベロドロームで自転車カルチャーを盛り上げるフェス型サイクルイベント「TRACK PARTY 2017」が開催された。
主催は公益財団法人JKA。来たるTOKYO2020へ向け、自転車に触れる機会の少ない一般の方も楽しめるイベントを盛り込み、 自転車への興味を喚起するキッカケ作りを目的としたイベントだ。

トラックレース部門にはナショナルチームの一員でもあり、先日の前橋G1寛仁親王牌を制したばかりの渡邉一成(福島88期)、女王こと小林優香(福岡106期)らを筆頭に、競輪界からスター選手が数多く集結。

また、ガールズケイリン初参加で4開催を全て優勝で飾ったステファニー・モートン選手ら短期登録制度に参加中の外国人選手や、このイベントのために来日した2016年世界選手権銀メダリストのマシュー・グレーツァーも参戦して、白熱したレースが繰り広げられた。

イベントでは小室哲哉氏によるDJライブや、来場者参加型イベントレース「出前でガシャン」などベロドローム屋内外で大いに盛り上がる。

また、2020年東京オリンピックから「BMXフリースタイルパーク」が追加種目となることが正式発表され、注目が高まるBMX界からはワンメイク型のジャンプトリックのショー「BMXショーケース」が登場。国内のBMXフリースタイルパークのトップライダーたちのジャンプショーに歓声が飛んだ。

12

無料メルマガ登録

ページの先頭へ

メニューを開く