TOP > 競輪・オートNavi

エッセイ「競輪場の在る街」Vol.10〜静岡

エッセイ「競輪場の在る街」Vol.10〜静岡

東海道新幹線に乗って東京へ向かう。山側の窓側席にて、壁にもたれながら左手で頬杖をつく。左手にはめた腕時計が秒を打つ音が聞こえてきて、嫌でも「一秒」という時間の「長さ」が意識される。 手前で飛び去っていく近距離の景色群は『…続きを読む

エッセイ「競輪場の在った街」番外編〜会津若松

エッセイ「競輪場の在った街」番外編〜会津若松

その街に住んだわけでもない。親戚がいるわけでもない。学校があって毎日通ったわけでもない。 本来なら何のゆかりもない土地なのに、なぜかよく行くことになり(しかも自分からの望んでいくわけでなく、不可抗力で、ということがほとん…続きを読む

エッセイ「競輪場の在った街」番外編〜長崎

エッセイ「競輪場の在った街」番外編〜長崎

その街に住んだわけでもない。親戚がいるわけでもない。学校があって毎日、通ったわけでもない。 本来ならば何のゆかりもない土地なのに、なぜかよく足を運ぶようになった。しかも自分から望んでいくわけでなく、不可抗力で、ということ…続きを読む

エッセイ「競輪場の在る街」Vol.7〜調布

エッセイ「競輪場の在る街」Vol.7〜調布

調布の対岸である稲田堤からは、年に1回、調布の花火大会がよく見えた。多摩川から徒歩15秒のマンション3階に住んでいた私は、廊下にテーブルと椅子を出し、友達を集め宴会を催す。それは定例行事となっていた。 そこから少し視線を…続きを読む

エッセイ「競輪場の在る街」Vol.6〜名古屋

エッセイ「競輪場の在る街」Vol.6〜名古屋

「今まで食べたもので一番辛(から)かったものは何か?」 そんな質問をされたら、一瞬、悩んでから“味仙の台湾ラーメン”という答えを出すだろう。 初めての名古屋出張、仕事が一段落した解放感に包まれたこともあり 「今晩、このま…続きを読む

エッセイ「競輪場の在る街」Vol.2〜伊東

エッセイ「競輪場の在る街」Vol.2〜伊東

ホテルの窓から見える古い民家は、確かにどこにでもある古い民家に違いはなかったが、それすら旅情の足しにしてしまう魅力が、伊東にはある。 伊東といえば海沿いの温泉というイメージなのに、部屋の窓は山側に向いており、夜が深まると…続きを読む

競輪用語辞典

競輪用語辞典

ケイリン用語をわかりやすく解説。一覧を見る

1 2

ページの先頭へ

メニューを開く