TOP > 競輪 > 奈良G3(最終日)レポート

競輪

2018/02/25

Perfecta編集部

奈良G3(最終日)レポート

奈良G3(最終日)レポート

2018年2月25日
奈良G3(最終日)春日賞争覇戦

【12R=S級決勝】

1/三谷竜生(SS・奈良101期)
2/早坂秀悟(S1・宮城90期)
3/武田豊樹(SS・茨城88期)
4/河野通孝(S1・茨城88期)
5/三谷将太(S1・奈良92期)
6/竹内智彦(S1・宮城84期)
7/香川雄介(S1・香川76期)
8/永井清史(S1・岐阜88期)
9/稲垣裕之(S1・京都86期)

スタートで勢い良く早坂が飛び出した。
26・159・34・87の四分戦となる。

まずは青板周回に入って、すぐに武田が動く。

それに合わせて三谷竜を頭にした近畿ラインも上昇する。

目まぐるしい展開となり、BSで永井と香川が先行。
87・34・159・26の一本棒となって赤板周回へ。

123

ページの先頭へ

メニューを開く