TOP > 競輪 > 玉野G3(最終日)レポート

競輪

2018/03/11

Perfecta編集部

玉野G3(最終日)レポート

玉野G3(最終日)レポート

2018年3月11日
玉野G3(最終日)瀬戸の王子杯争奪戦

【12R=S級決勝】

1/三谷竜生(SS・奈良101期)
2/堤洋(S1・徳島75期)
3/山中秀将(S1・千葉95期)
4/取鳥雄吾(S1・岡山107期)
5/井上昌己(S1・長崎86期)
6/福田知也(S2・神奈川88期)
7/園田匠(S1・福岡87期)
8/柏野智典(S1・岡山88期)
9/志智俊夫(S1・岐阜70期)

並びはすぐに落ち着かず。
2周回目のBSあたりでようやく452・36・57・19の隊列が整った。

赤板周回を迎える直前から三谷・志智が別線を伺いながら前へ。

九州ラインの井上と園田もそれに続き、取鳥は1度、引いた形に。

さらに外から山中が取鳥にフタ。
打鐘のタイミングでは山中が内をすくって、中団に収まろうとした。

123

ページの先頭へ

メニューを開く