TOP > 競輪 > 2018年短期登録選手(男子)記者会見

競輪

2018/04/11

Perfecta編集部

2018年短期登録選手(男子)記者会見

2018年短期登録選手(男子)記者会見

東京五輪2020開催も控え、今年も国際大会で優秀な成績を収めている選手を招待する短期登録制度が始まる。ワールドクラスの豪脚・鋭脚を日本国内の競輪場で目の当たりにする絶好のチャンス。4月下旬から約6ヶ月(通算3ヶ月以上の日本滞在が義務)、下記の6選手が各地に斡旋される。
==========

MATTHIJS BUCHLI
マティエス・ブフリ(オランダ)

1992年12月13日生=25歳
来日/4回目(過去2015〜17年)

昨シーズンは良いシーズンだった、今シーズンも良いものにしたい。
今回も日本の競輪に参加できることを楽しみにしている。
新しいメンバー(短期登録)も加わった。
これまでのように先行して頑張る、ファンに勝つところを見せたい。
日本のバンクはサイズも大きいし、屋外ゆえに風や雨の影響を受けることも。

《4〜5月斡旋予定》
松戸F1=4/23〜25
玉野F1=5/3〜5
松阪F1=5/21〜23
トラックパーティー2018スプリング(伊豆ベロドローム)=5/12
***************

TOMAS BABEK
トマシュ・バベク(チェコ)

1987年6月4日生=30歳
来日/2回目(過去2017年)

落車して骨折(鎖骨)したので、最近はレースに参加していなかった。
でも、順調に回復しているし、良いトレーニングができているから心配ない。
昨年は日本の競輪に慣れるのに1〜2ヶ月かかってしまった。
今年は後半(昨年の)のように、良いスタートをしたいと思っている。
チェコも屋外練習場が多い。
日本のバンクは走路コンディションも良いし、むしろ走りやすいくらいだ。

《4〜5月斡旋予定》
大垣F1=4/25〜27
福井F1=5/7〜9
川崎F1=5/24〜26
***************

THEO BOS
テオ・ボス(オランダ)

1983年8月22日=34歳
来日/7回目(過去2003、05〜07、16〜17年)

日本に戻ってこられて嬉しい、招待していただいて感謝している。
昨年は良い結果が出せた、今年も良い結果が出せるように頑張りたい。
香港(世界戦)ではあまり成績は残せなかったが、調子は段々と上向き。
昔はケイジ・コジマ(小嶋敬二)と対戦したいと思っていた。
今はNo.1のニッタ(新田祐大)と競輪でも世界戦でも勝負したい。

《4〜5月斡旋予定》
宇都宮F1=4/28〜30
函館F1=5/6〜8
松阪F1=5/21〜23
トラックパーティー2018スプリング(伊豆ベロドローム)=5/12

12

ページの先頭へ

メニューを開く