TOP > 競輪 > 函館G3(最終日)リザルト=11R・12R

競輪

2018/04/30

Perfecta編集部

函館G3(最終日)リザルト=11R・12R

函館G3(最終日)リザルト=11R・12R

2018年4月29日
函館G3(最終日)スターライトクラウン

【11R=L級決勝】
函館ナイター競輪20周年記念スターライトティアラ

1/奥井迪(L1・東京106期)
2/尾崎睦(L1・神奈川108期)
3/梅川風子(L1・東京112期)
4/小坂知子(L1・岐阜104期)
5/坂口楓華(L1・京都112期)
6/加瀬加奈子(L1・新潟102期)
7/戸田みよ子(L1・広島102期)

赤板周回突入前から奥井と加瀬が動く。
打鐘で加瀬が一気に踏んで梅川と加瀬の先行争い、小坂は梅川をマーク。
奥井は1度、引いた形で中団キープ。
最終周回に入って奥井が強引に捲り上げるが、第2コーナーを過ぎて失速。
このタイミングで内から尾崎が捲り、尾崎マークの戸田がピッタリ追走。
第4コーナーで2番手の小坂をかわし、直線でもスピードを緩めなかった尾崎が1着。
2着に戸田、3着には梅川が残った。
一番人気だった奥井が6着となり、3連単は3万超の配当となった。

***************

【12R=S級決勝】
函館ナイター競輪20周年記念スターライトクラウン

1/南潤(S2・和歌山111期)
2/小林則之(S2・静岡85期)
3/鈴木庸之(S1・新潟92期)
4/柴田洋輔(S1・東京92期)
5/山本伸一(S1・京都101期)
6/大矢崇弘(S2・東京107期)
7/真崎真太郎(S2・栃木85期)
8/山下渡(S1・茨城91期)
9/松岡孔明(S1・熊本91期)

大矢・柴田の東京勢の後ろから鈴木が動いて打鐘を迎える。
ほぼ同タイミングで動いていた南も山本と松岡を率いて、第2センター過ぎで鈴木とほぼ並走。
残り1周、南が前に出て主導権を握る。
南の番手・山本も続きたいが、鈴木の捌きによって完全に封じられてしまう。
逃げる南を鈴木と山下が追う展開。
最後の直線でも南のスピードは落ちることなく、逃げ切って真っ先にゴールラインを駆け抜ける。
2着・山下、3着・鈴木だった。
南はデビューから298日目でG3優勝の快挙。
2016年7月の函館G3における新山響平(青森107期)のデビューから387日目の最速記録を大幅に更新した。
(*グレード制導入後、2002年4月以降)

ページの先頭へ

メニューを開く