TOP > 競輪 > 平塚F2=ガールズケイリンコレクション

競輪

2018/05/03

Perfecta編集部

平塚F2=ガールズケイリンコレクション

平塚F2=ガールズケイリンコレクション

2018年5月3日
平塚G1(3日目)日本選手権競輪

F2【12R=L級ガールズケイリンコレクション平塚ステージ】

1/児玉碧衣(L1・福岡108期)
2/高木真備(L1・東京106期)
3/太田りゆ(L1・東京112期)
4/鈴木美教(L1・静岡112期)
5/山原さくら(L1・高知104期)
6/石井貴子(L1・千葉106期)
7/内村舞織(L1・福岡112期)

新たな試みとして行われたトライアル予選(高松・奈良・松戸)で勝ち上がった選手によるガールズケイリンコレクション。
(*内村は繰り上がり)

号砲後、並びはスンナリ整って7・3・1・6・2・4・5となる。

レースは静かに動き、打鐘でビッグレース初制覇を目指す児玉が先行態勢に入ろうとする。
しかし、最後方から山原が猛然と踏み込んで前へ。
児玉は引いた形で2番手に収まり、その後方では内から内村・石井・高木が並走状態でレースは残り1周。

最終第2コーナーから児玉が捲り。
高木と内村に踏み勝った石井は児玉を追走。
しかし、今度は外から太田、内から鈴木が仕掛けてきて簡単に2番手を取れない。
最終第4コーナーを回って、どうにか石井は太田と鈴木を捌いての直線勝負。
ゴールライン手前で、逃げる児玉を差し切った石井に軍配が上がった。
児玉はまたしても悲願のビッグタイトルを掴めずに2着。
内を突いた鈴木が3着となった。

12

ページの先頭へ

メニューを開く