TOP > 競輪 > 平塚G1(5日目)日本選手権競輪ピックアップ

競輪

2018/05/05

Perfecta編集部

平塚G1(5日目)日本選手権競輪ピックアップ

平塚G1(5日目)日本選手権競輪ピックアップ

2018年5月5日
平塚G1(5日目)日本選手権競輪

【9R=S級準決勝】


1着/脇本雄太(S1・福井94期)
3走して完全ではないけど、少しずつ修正できてる。
競輪祭とダービーは決勝に乗れてなかったので嬉しいです。
明日は近畿の前、自分はまだ誰かの後ろは考えてない。
歴代ダービー王を引き連れてくことになるんですね。


2着/村上博幸(S1・京都86期)
脇本は8番手でも落ち着いていた、あいつの後輪に集中していただけです。
踏み出しはそうでもなかったけど、中間のかかりがヤバくて離れそうになってしまった。
ダービーの優出はホンマに久々ですね。
兄の後ろ、近畿の4番手を固めます。


3着/山中秀将(S1・千葉95期)
地元・神奈川の2人(松谷と郡司)に任されたのでホームから全力。
平塚のスピードの出るバンクは大好きなんですけど、今日は脇本のかかりがハンパなかったです。
その結果、自分だけ残ってしまって後味は少し悪い。
G1決勝は競輪祭もあるので2回目。
同県の先輩・健太郎さんと一緒、こんな心強いことはない。
もちろん、僕が前です。

123

ページの先頭へ

メニューを開く