TOP > 競輪 > 岸和田G1(3日目)ピックアップ

競輪

2018/06/16

Perfecta編集部

岸和田G1(3日目)ピックアップ

岸和田G1(3日目)ピックアップ

【11R=S級東準決勝】


1着/武田豊樹(SS・茨城88期)*同着
弟子2人(牛山・吉澤)とラインを組んでワンツースリー、師匠としてこんなに嬉しいことはない。
岸和田のバンクとは相性が良いと思います。
木暮が競りにくるのならば仕方ない、勝負するだけです。

1着/吉澤純平(S1・茨城101期)*同着
3着権利までだったら、牛山さんも決勝に乗れて手放しで喜べたんですけど。
そういう勝ち上がりだから仕方ないです。
後ろが競りになるのは複雑ですけど、自分の競争をするだけ。
G1初優勝を狙っていきたい。

***************
【12R=S級西準決勝】


脇本雄太(S1・福井94期)
古性が付いてきたけど、稲垣さんが飛んだところは怖かったです。
自分はラインの先頭、ラインで決めることができるように頑張る。
それでG1初優勝が付いてくれば。


山田英明(S1・佐賀89期)
1着を目指していけば良いだけなので、勝ち上がりに関してはあまり気にしていなかった。
研太朗(原田)との連携は初めてですけど、これまで同じレースで走っていることもあるし。
中四国ラインの後ろを走ったこともあるので、話し合って任せることにしました。

12

ページの先頭へ

メニューを開く