TOP > 競輪 > 岸和田G1(最終日)レポート

競輪

2018/06/17

Perfecta編集部

岸和田G1(最終日)レポート

岸和田G1(最終日)レポート

2018年6月17日
岸和田G1(最終日)高松宮記念杯競輪

【12R=S級決勝】

1/脇本雄太(S1・福井94期)
2/武田豊樹(SS・茨城88期)
3/三谷竜生(SS・奈良101期)
4/山田英明(S1・佐賀89期)
5/村上博幸(S1・京都86期)
6/菅田壱道(S1・宮城91期)
7/吉澤純平(S1・茨城101期)
8/原田研太朗(S1・徳島98期)
9/木暮安由(S1・群馬92期)

135・84・6・72・9の並びで落ち着く。

しかし、最後団は木暮が吉澤の番手を主張して、武田との競りとなる。

赤板突入を前にして、目まぐるしくレースは動き始める。

吉澤が前に出て、2番手を武田と木暮が激しく競り合う。
中団には原田と山田、続いて単騎の菅田、近畿ライン。

打鐘前の第2コーナーを過ぎ、脇本が飛び出す。

12

ページの先頭へ

メニューを開く