TOP > 競輪 > 宇都宮G3(最終日)レポート

競輪

2018/07/01

Perfecta編集部

宇都宮G3(最終日)レポート

宇都宮G3(最終日)レポート

2018年7月1日
宇都宮G3(最終日)宇都宮ワンダーランドカップ争奪戦

【12R=S級決勝】

1/武田豊樹(SS・茨城88期)
2/中川誠一郎(S1・熊本85期)
3/守澤太志(S1・秋田96期)
4/南潤(S2・和歌山111期)
5/神山拓弥(S1・栃木91期)
6/山田庸平(S1・佐賀94期)
7/小松崎大地(S1・福島99期)
8/岡光良(S2・埼玉94期)
9/竹内雄作(S1・岐阜99期)

並びはスンナリ落ち着き、73・158・26・4・9の細切れ戦。

打鐘前、第2コーナーで最後方9番手の竹内が上昇。
北日本勢を押さえて、主導権を握る。

竹内の後ろでは北日本勢と関東勢がもつれ合う。

123

ページの先頭へ

メニューを開く