TOP > 競輪 > 日本競輪学校第1回記録会レポート

競輪

2018/07/04

Perfecta編集部

日本競輪学校第1回記録会レポート

日本競輪学校第1回記録会レポート

2018年7月2日(月)〜3日(火)
日本競輪学校115回生・116回生 第1回記録会

115回生(男子70名)と116回生(女子21名)の第1回記録会が静岡県伊豆市の日本競輪学校で行われた。
115回生と116回生の各種目における一番時計選手のコメントは下記の通り。

***************

200mFD=10秒94
400mFD=23秒09


小原佑太(115回生/青森/22歳)
自分の中でいい練習ができていたし、記録会前のハロンでも好タイムも出ていた。
自分自身のコンディション(メンタルやリカバリー)の問題で、タイム的には悔やまれるところはあります。
もっとコンディショニングを勉強していかなくてはいけないなと。
大学も自転車に専念できる環境でやらせていただいて、競輪学校での生活もそういう部分では変わらない。
でも、生活面で時間に追われると言うか、自分の時間を作るのが難しい。
少しずつ慣れてきてはいるので、自主練習の時間を増やして、もっと強くなれるようにしたいです。

***************

1,000mTT=1分07秒94


藤井侑吾(115回生/愛知/23歳)
試走記録会では3,000mが1位だったので、他の種目でも1位になりたかった。
だから、今日の1,000mでの1位は嬉しいです。
持久系は得意、ダッシュ系はまだまだなので今後の課題だと思います。
ダッシュ系の練習を増やしていって、シッカリとダッシュをつけられるようにもしたいです。

***************

3,000mTT=3分45秒91


石井洋輝(115回生/福島/18歳)
昨日(200mFD・400mFD・1,000mTT)はどれかで1位を獲ってやろうと狙っていた。
でも、獲れなかったので、今日は絶対にという気持ちで頑張りました。
試走記録会の時は少し体調を崩していたので、今回は寝る時にマスクをするなどして気を配った。
今後の目標としては、第2回の記録会でゴールデンキャップを獲得することです。

***************

12

ページの先頭へ

メニューを開く