TOP > 競輪 > 日野未来(奈良114期)選手/デビュー節レポート

競輪

2018/07/11

Perfecta編集部

日野未来(奈良114期)選手/デビュー節レポート

日野未来(奈良114期)選手/デビュー節レポート

2018年7月7日〜9日
奈良F2 ガールズケイリン奈良 チャリロト杯

弊社スポンサードの新人・日野未来(奈良114期)選手が地元でデビューした。
競輪学校在校時の記録会では、唯一のゴールデンキャップを獲得するなど潜在能力の高さを秘めている。
だが、結果から先に述べると“甘くないデビュー”を痛感させられるものであった。
ここから何を学び、どのようにして今後のレースに活かしていくのか。
ご注目していただき、ご声援を送っていただけると幸いです。

***************

【7月7日/7R=L級ガールズ予選1】


指定練習を終えた直後はリラックスした表情


初レースを控えて緊張感が高まる


そして、遂にデビュー戦

初手は4番手をキープ。
赤板周回、最後方から宮安が上昇していく。
6番手・杉沢と5番手・大久保も宮安に続く。
日野は7番手となって打鐘。
HS手前から日野はスピードを上げるが、中団での外並走に留まる。
最終BSで杉沢をかわして3番手に。
だが、前を走る大久保と中村との差は開く。
最後の直線、佐藤の猛追はあったが、大久保と中村に続いてゴールラインを駆け抜けた。
ややレースの流れに飲み込まれた感はあったものの、日野はデビュー戦で確定板に名を連ねることはできた、

[レース後コメント]
とても緊張しました。
声援は聴こえたけど、金網の向こうは見れなかった。
大久保さんを意識していて内に包まれてしまった。
3着は悔しいですけど、前には踏めていた。
みなさんの車券に貢献、明日は1着を獲って決勝に乗ります。

123

無料メルマガ登録

ページの先頭へ

メニューを開く