TOP > 競輪 > 川崎F2(最終日)=12R・11R・8R

競輪

2018/07/26

Perfecta編集部

川崎F2(最終日)=12R・11R・8R

川崎F2(最終日)=12R・11R・8R

2018年7月26日 川崎F2

【12R=A級決勝】

主導権を握った中村弘之輔(A1・北海道109期)の番手・坂田章(A1・高知93期)が差し切って1着。

3月の高知F1以来、通算7度目の優勝となった。

***************

【11R=L級ガールズ決勝】

最終周回で宮地寧々(L1・岐阜110期)を抑えてから、佐藤水菜(L1・神奈川114期)が逃げ切って完全優勝を決める。

佐藤は114期優勝一番乗り。

師匠の砂川秀樹(A3・神奈川59期)からも祝福された。

***************

【8R=A級チャレンジ決勝】

最終第1センターから6番手の中嶋宣成(A3・長野113期)が猛チャージ、豪快捲りを決めて完全優勝。
デビューの前橋F2から6連勝、次の取手F2で完全優勝(9連勝)ならば特別昇班となる。

ページの先頭へ

メニューを開く