TOP > 競輪 > いわき平G1(1日目)ピックアップ

競輪

2018/08/15

Perfecta編集部

いわき平G1(1日目)ピックアップ

いわき平G1(1日目)ピックアップ

2018年8月15日
いわき平G1
平成30年7月豪雨被災地支援
第61回オールスター競輪(1日目)

【11R=S級ドリームレース】

1/浅井康太(SS・三重90期)
2/新田祐大(SS・福島90期)
3/平原康多(SS・埼玉87期)
4/深谷知広(SS・愛知96期)
5/三谷竜生(SS・奈良101期)
6/武田豊樹(SS・茨城88期)
7/村上義弘(S1・京都73期)
8/渡邉一成(SS・福島88期)
9/山田英明(S1・佐賀89期)

ファン投票1位〜9位、実力も人気もあるメンバーによる一戦。

41・28・36・9・57の並びでレースは進む。
青板で近畿ラインが上がり、中部ラインは引いた形に。
そして、三谷が主導権を握って打鐘。

57・36・9・28・41の一本棒で残り1周回。

最終第2コーナーから平原が捲くる。
新田も少し遅れたタイミングで仕掛けるが、車が重たくて伸びない。

最終第3コーナーで平原は三谷を抜き去る。
そして、平原と武田の2車が出切って直線勝負。
ゴールライン直前で武田が平原を差して1着に。
2着に平原、3着には外から伸びた渡邉となった。

武田はこのレースで史上10人目(現役4人目)の通算獲得賞金15億円超を達成。
また、6着に終わった浅井だったが、史上31人目(現役17人目)となる通算獲得賞金10億円を突破した。

1着/武田豊樹(SS・茨城88期)
この強いメンバーの中で平原君もタイミングが取りにくそうだったよね。
それでも、いけてしまうのが彼の強さだと思う。
その平原君から離されずについていけたから脚の状態は悪くないはず。
まだまだオールスター優勝に向けての道のりは長いけど、このメンバーで勝てたのは大きい。

ページの先頭へ

メニューを開く