TOP > 競輪 > 平塚F2(最終日)チャリロト杯決勝

競輪

2017/07/14

Perfecta編集部

平塚F2(最終日)チャリロト杯決勝

平塚F2(最終日)チャリロト杯決勝

2017年7月14日
平塚F2(最終日)チャリロト杯

【10R=決勝】

1/渡邊秀明(神奈川68期)
2/大谷靖茂(愛知93期)
3/小島雅章(埼玉83期)
4/小野裕次(千葉95期)
5/伊原弘幸(福井90期)
6/伊豆田浩人(神奈川87期)
7/西山圭二(徳島100期)
8/早川成矢(埼玉78期)
9/加藤健一(神奈川107期)

83・47・916・25の四分戦。
赤板周回に入ると、地元・神奈川トリオがラインで一気に上がった。
打鐘後も埼玉2車が中団で粘るが、人気の神奈川勢が優位。
しかし、最終2コーナーからBS手前で早川が捲くりを見せる。
さらにその外から後位にいた小野が力強い走りで驚異的な伸びを見せる。
加藤も必死にもがくものの、最終コーナーでも小野のスピードは落ちない。
小野が見事に捲り切って1着、チャリロト杯の優勝を掴み取った。

1着/小野裕次(千葉95期)
いちかばちか行くしかないと思って。
本当ならば、ジャン(打鐘)のタイミングで自分が出ないといけなかった。
地元・神奈川勢でスンナリ決めさせたくないという気持ちで、一発勝負に出ました。
冷静にレースの動きは見えていましたね。
半年で鎖骨の骨折2回(落車)で、この約2年は苦しい時期だった。
でも、結果は出ているし、復活の一歩と言えると思います。
引き続き、この調子で先行も含めて頑張りたいです。

ページの先頭へ

メニューを開く