TOP > 競輪 > 富山G3(最終日)レポート

競輪

2018/09/02

Perfecta編集部

富山G3(最終日)レポート

富山G3(最終日)レポート

2018年9月2日
富山G3(最終日)瑞峰立山賞争奪戦

【12R=S級決勝】

1/浅井康太(SS・三重90期)
2/平原康多(SS・埼玉87期)
3/山中秀将(S1・千葉95期)
4/大塚英伸(S1・静岡82期)
5/古性優作(S1・大阪100期)
6/宿口陽一(S1・埼玉91期)
7/山本伸一(S1・京都101期)
8/片折亮太(S2・埼玉92期)
9/伊勢崎彰大(S1・千葉81期)

号砲後、少し牽制があったが、古性と山本の近畿勢が飛び出す。

75・826・1・394
近畿勢の前受けで、1周回半で並びは整った。

青板に入り、まずは後方から南関ラインが動く。

しかし、近畿勢が突っ張る。

赤板周回手前、空いた内から埼玉3車ラインが前へ。

123

ページの先頭へ

メニューを開く