TOP > 競輪 > 富山G3(最終日)レポート

競輪

2018/09/02

Perfecta編集部

富山G3(最終日)レポート

富山G3(最終日)レポート

【6R=S級企画レース・ブロックセブン】

1/伊藤正樹(S1・愛知71期)
2/朝倉佳弘(S1・東京90期)
3/竹内翼(S2・広島109期)
4/松岡健介(S1・兵庫87期)
5/大木雅也(S2・静岡83期)
6/小酒大勇(S2・福島103期)
7/松尾透(S2・福岡96期)

37・41・2・65でレースは進む。

青板で徐々に小酒が上昇。
竹内と松尾を抑える形で赤板周回に入る。
松岡が外並走、単騎の朝倉が内から3番手を取るなど目まぐるしい展開に。
だが、第2コーナー過ぎから竹内が一気に踏み込む。
打鐘で主導権を握り、松尾を引き連れて逃げる。

残り1周回、竹内と松尾が出切る。
後続5車との車間はかなり大きく開く。

最終第2コーナーから松岡が距離を詰めていくが、竹内がそのまま押し切って1着。

2着に竹内マークの松尾、3着は松岡。

1着/竹内翼(S2・広島109期)
獲ろうと思って富山にきたし、松尾さんとワンツーで決められたので嬉しいですね。
まだS級で優勝してないので、まずは近々、F1で決めたいですね。

123

ページの先頭へ

メニューを開く