TOP > 競輪 > 高知G2(最終日)レポート

競輪

2018/09/17

Perfecta編集部

高知G2(最終日)レポート

高知G2(最終日)レポート

2018年9月17日
高知G2 第34回共同通信社杯(最終日)

【11R=S級決勝】

1/浅井康太(SS・三重90期)
2/太田竜馬(S1・徳島109期)
3/山崎賢人(S2・長崎111期)
4/清水裕友(S1・山口105期)
5/村上義弘(S1・京都73期)
6/和田圭(S1・宮城92期)
7/平原康多(SS・埼玉87期)
8/郡司浩平(S1・神奈川99期)
9/山田英明(S1・佐賀89期)

39・76・1・5・24・8の細切れ戦。

赤板に入り、6番手の単騎・村上が上昇。
それに伴い、後方の瀬戸内ライン、単騎の郡司も前に踏む。
そして、第1センター過ぎで郡司がインの村上を抑える。
その後方は車間を切った状況で打鐘。

郡司が主導権を取り、2番手に村上が続いて最終周回。
3番手からスパートをかけた太田が外から内へ切り込んだ際に村上を落車(失格に)させてしまう。

12

ページの先頭へ

メニューを開く