TOP > 競輪 > 向日町G3(最終日)レポート

競輪

2018/09/25

Perfecta編集部

向日町G3(最終日)レポート

向日町G3(最終日)レポート

2018年9月25日
向日町G3平安賞(最終日)

【12R=S級決勝】

1/村上博幸(S1・京都86期)
2/岩津裕介(S1・岡山87期)
3/齊藤竜也(S1・神奈川73期)
4/杉森輝大(S1・茨城103期)
5/清水裕友(S1・山口105期)
6/金子哲大(S1・埼玉95期)
7/山田久徳(S1・京都93期)
8/藤木裕(S2・京都89期)
9/三谷竜生(SS・奈良101期)

9781・52・643でレースは進む。

青板の残り半周、最後方からまずは金子が上昇。

それに併せて、清水も前へ。
近畿4車ラインは1度、引いた形となる。

打鐘前、金子が飛び出したが、三谷が打鐘と共に一気にスパート。

近畿ラインが主導権を握って最終周回。

最終第2コーナー過ぎで三谷の番手・山田が早目の番手捲り。
最終BSから清水も捲くりを放つが、これを山田の後ろの藤木が捌く。

そして、地元・京都勢3車が抜け出し、最後の直線勝負。

外から藤木が力強く伸びて1着。
2着には藤木マークの村上、3着は清水の後方で脚を溜めた岩津。

藤木は武雄記念(2013年)以来、5年6ヶ月ぶり、3回目の記念競輪優勝。
ケガで苦しんだ後の地元記念優勝で溢れ出る涙を止めることはできなかった。

優勝/藤木裕(S2・京都89期)
ホンマにラインのおかげやと思っています。
これまで博幸さんに育てていただいて、普段の練習でも久徳にサポートして貰っていた。
ヘルニア(頚椎)で2年くらい成績も落ちていたし、正直、気持ちも腐っていました。
せやけど、何で治ったんかよく分からんのですけど、首も動くようになった。
もう1度!という気持ちになったんは博幸さんと久徳さんの存在が大きい。
ここ、大事なところなんでちゃんと書いておいて下さいね。
博幸さんと久徳と決勝に乗れて、自分が優勝できるなんて信じられへん、ホンマに嬉しいです。
これまでの記念優勝は自分が強くなる過程で獲れていた。
今回の地元記念優勝は意味が大きく違います。
来年になってしまうと思うんですけど、また、G1で活躍できるように頑張りたいです。

表彰式後、藤木は「夢やったんです。写真や動画も大丈夫です」と。
応援に駆け付けた愛娘の左・陽彩ちゃんと右・杏奈ちゃん(双子)を抱き上げた。

12

ページの先頭へ

メニューを開く